このほどJ.D.パワージャパンによる「2018年日本ナビゲーションシステム顧客満足度調査〈市販ナビカテゴリー〉」で、アルパインが総合満足度1位を獲得した。

REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

 J.D.パワーによる「2018年日本ナビゲーションシステム顧客満足度調査〈市販ナビカテゴリー〉」は市販ブランドにおけるカーナビのユーザー満足度を総合的に分析するもの。



 「ナビゲーション機能・性能」、「音楽や映像関連機能・性能」、「操作性」、「モニター」、「デザイン・質感」、「各種機能・アプリ、サービス」の6つのファクターでチェック。AV一体型ナビに要求されるすべての能力を幅広く採点するという。回答を行ったのは2016年4月から2018年3月までに市販カーナビを購入した2105人でインターネットによる調査となる。



 アルパインのカーナビは顧客の総合的な満足度を示すトータルポイント(総合CSI=Customer Satisfaction Index)において同社の過去最高となる666ポイントを獲得。全ファクターで業界平均以上を記録し、トータルポイントでも今回の業界平均スコアである605ポイントを大きく上回った。これによりアルパインは2012年から7年連続で総合満足度1位に輝いた。

手が届きやすい価格ながら車種専用機能を備えた200mmワイドサイズボディの「7WZ」。写真はシエンタ専用モデル。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 アルパインが7年連続“顧客満足度ナンバーワン”を獲得