三菱デリカ 50年の歴史を振り返る



日本のレジャーシーンには欠かせない三菱デリカが、今年で誕生から50周年を迎える。そんなデリカが歩んできた五世代の歴史を振り返ってみよう。

①初代・・・1968-1979

デリカ トラック(1968)

1968年にデビューしたトラックがデリカの始まり。翌69年にはワンボックスボディをもつライトバンとルートバンに加え、9 名乗車としたコーチを発売。このコーチが三代目まで続くキャブオーバーワゴンのルーツとなった。

デリカ 75コーチ(1971)

②二代目・・・1979-1986

デリカ スターワゴン(1979)

1979年にフルモデルチェンジされた二代目では、9 名乗車のワゴンは「スターワゴン」を名乗る。回転対座シートを用意するなど、より乗用車テイストを高めていく。4WD やディーゼルエンジンも初めて設定された。

デリカ スターワゴン4WD(1982)

③三代目・・・1986-1999

デリカ スターワゴン (1986)

三代目はキープコンセプトながら4WDキャブオーバーワゴンのリーダーとしての地位を確立。その優れたオフロード性能はアウトドアレジャーの強い味方として根強い人気を集め、四代目登場後もしばらく併売された。

デリカ スペースギア (1994)

④四代目・・・1994-2007

デリカ D:5 (2007)

四代目は「スペースギア」となりスタイルを一新。キャブオーバーからフロントエンジンとしたことでフルフラットフロアのキャビンを手に入れた。パジェロ譲りのオフロード性能は抜群で、唯一無二の存在感を示した。

⑤-五代目・・・2007

五代目では市場動向を反映しミニバンとクロカンのクロスオーバーSUV「D:5」となる。歴代が培ってきた走破性やタフさを引き継ぎ、ミニバンとしてもSUVとしても独自のポジションを築きロングセラーとなっている。


三菱『歴代デリカのすべて 連載第5回』D:5の「D」は「DELICA」の「D」!「5」は五代目の「5」!

◆エポックメイキングモデル

デリカ キャンピングバン

1972年にデリカ75バンにポップアップルーフを装備した「キャンピングバン」を発売。オプションでキャンピングセットも用意するなど、時代を先取りする意欲的なモデルだった。

4WD+ディーゼルターボ

二代目では1982年に4WD車とディーゼルエンジンを設定。さらに84年には4WD車にディーゼルターボを搭載し、その後の“デリカ”のキャラクターを決定付けた。


デリカ誕生50周年スペシャルサイトをチェック!


新型三菱デリカD:5、予約注文を開始! 価格は約385〜425万円!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 「三菱デリカ50年の歴史を振り返る」個性派ミニバンの変遷