旬なクルマの情報を網羅した「モーターファン別冊 統括シリーズ」。今回は「Vol.108 2018-2019年 最新ミニバンのすべて」から「ホンダ・ステップワゴン スパーダ」の一部を抜粋してご紹介。



レポート=佐野弘宗[本文]/塚田勝弘[写真解説] フォト=平野 陽 モデル=竹田 愛

スポーティ路線のスパーダは活発でパワフルな走りが美点

 ステップワゴン待望のハイブリッドは昨秋にスパーダに搭載されたが、そのスパーダでは既存の1.5ℓターボもそのまま継続。つまり、ステップワゴンではスパーダだけがパワートレーンにふたつの選択肢がある。



 スパーダはハイブリッドに合わせてエクステリアにも手が入った。その直接的なキッカケは、ハイブリッド搭載のためにボンネット高とフロントオーバーハングを増築する必要があった……という物理的な理由だが、結果として、より今風に押し出しの効いたデザインとなった。このスパーダ1.5ℓターボも、ハイブリッドと共通の新フェイスとなったことで、ライバルに対する商品力が向上したことは間違いない。



 ホンダの1.5ℓターボはトヨタや日産の2.0ℓに対しても、明らかに活発でパワフルな点が美点である。過給ラグが皆無とはいわないが、低速からもじわりと粘り強く供出されるトルク特性で、ミニバン用エンジンとしての適性も悪くない。



 ホンダがいうには、スパーダのハイブリッドと1.5ℓターボに商品としての上下関係はない。「オデッセイに匹敵する高級感」のハイブリッドに対して、この1.5ℓターボ車は「スポーティ」であり、それは「キャラクターの違い」だそうだ。大径17インチホイールを履く「スパーダ・クールスピリット」や特装グレード「モデューロX」はこのクラスでも屈指の操縦性自慢だが、これらがハイブリッドには設定されない1.5ℓターボ専用であることにも、そうした意図が伺える。

ステアリングホイールの上から見るため視線移動が抑えられるアウトホイールメーターが特徴。カーナビはメーカーかディーラーオプションから選べる。エアコンはプラズマクラスター搭載のオートエアコンを全車に標準装備する。

「スパーダ」の魅力はスポーティなディテールで、存在感のあるフロントマスク、専用バンパーやリヤゲートスポイラーなどにより躍動感のある外観を構築している。

クールスピリット Honda SENSING

全長×全幅×全高(㎜):4760×1695×1840

室内長×室内幅×室内高(㎜):3220×1500×1425

ホイールベース(㎜):2890

トレッド(㎜) 前/後:1470/1485

車両重量(㎏):1700

エンジン種類:直列4気筒DOHCターボ

総排気量(㏄):1496

最高出力(kW[㎰]/rpm):110[150]/5500

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):203[20.7]/1600-5000

燃料タンク容量(ℓ):52(レギュラー)

トランスミッション形式:CVT

駆動方式:FF

タイヤ・サイズ:205/55R17

最小回転半径(m):5.7

JC08モード燃費(㎞/ℓ):15.4

車両本体価格:305万1000円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ホンダ・ステップワゴン スパーダ:押し出し感のある迫力フェイスと効率的なハイブリッドの採用で、ライバルを打倒する商品力を強化