EICMA2018のカワサキブースには、インターモトで発表されたばかりのNinja125、Z125や新型Ninja ZX-6R が展示されるだけでなく、ワールドプレミアとなる車両が勢揃い! なかでもW800の復活は、往年のバイクファンにとっては朗報だ。

TEXT●大家伝(OYA Den)

W800 STREET/W800 CAFE

W800 STREET

 EICMA2018でのワールドプレミア第1弾、ユーロ4準拠の773cm3空冷バーチカルツインエンジン搭載する、W800 STREETとW800 CAFEだ。そのルーツは1966年のW1 650にまで遡る必要があるほど、歴史あるモデルである。最新のエミッションにパスしたエンジンを新設計フレームに搭載し、強力なブレーキ、ABS、LEDライトなど、技術面でもスタイリングの面でも新しいWシリーズとして発表された。

W800 STREET

W800 STREET

W800 CAFE

W800 CAFE

W800 CAFE

Z400

Z400

 水冷4スト・ツイン/399cm3エンジン搭載のZ400。前身となるZ300に対して+4.4kW(5.98PS)の出力向上を果たし、低速域の豊かなトルクとスムーズなレスポンスを実現。高度な動的剛性解析により設計された軽量トレリスフレームに軽量ハイパワーなエンジンを載せ、ショートホイールベース/ロングスイングアームを採用。トータル167kgというスーパーネイキッドマシンに仕立てられている。

Z400

Z400

Z400

Ninja H2 SX SE+

 Ninja H2 SX SEは、そもそも200PSスーパーチャージドエンジンを搭載する究極のハイパーツアラーだが、新たに電子制御式サスペンションパッケージ(KECS)が組み込まれるなど意欲的なアップデートが施されたかっこうとなる。これにより車速とサスペンションストロークを理想的なものとし、リアルタイムでの乗り心地と路面状況に適応するという。またスマートフォンアプリケーション「RIDEOLOGY THE APP」を使用することで、残量計、走行距離計、保守スケジュールなどの情報をスマートフォンから見ることを可能としている。

Versys1000/Versys1000SE

 Versys1000とVersys1000SEは、Ninja H2 SX SE +といくつかのハイエンド機能を共有するという。中低速で潤沢なトルクを発揮する排気量1,043 cm3の4気筒エンジンを搭載し、フロントにラジアルマウント×ø310mmペタルディスクの強力なブレーキを装備。このエンジンとブレーキを含めて包括的に制御するNEW KCMF(Kawasaki Cornering Management Function)を採用し、ブレーキ力とエンジン出力を調整してライダーがコーナーで意図したラインを辿るのを助けることができるという。さらにLEDヘッドライトと電子クルーズコントロールなども装備する。

 SEバージョンはカウル内蔵コーナーリングライト、大型スクリーン、ハンドガード、グリップヒーターなどを装備して、より快適な仕様となっている。

Versys1000

Versys1000

Versys1000SE

Versys1000SE

Versys1000SE

情報提供元:MotorFan
記事名:「 W800復活の吉報! EICMA2018、カワサキブースは粒揃い