イタリアはミラノで開催中のEICMA2018にて、新型スズキ・カタナのアクセサリー装着車が登場。今回同時に発表されたブラックカラーのシックな「ブラックカタナ」とは対照的な、躍動感溢れるスポーティなイメージに仕上がっているのがポイントだ。

REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

随所にレッドカラーを盛り込んだスパルタン仕様

 2018年のインターモト(ケルンショー)で発表された新型スズキ・カタナは、シンプルなシルバーカラー。現在イタリア・ミラノで開催中のEICMA2018では、新色のブラックカラーとともに、攻撃的かつスポーティなイメージのアクセサリー装着車が登場した。

アクセサリー装着車。

ノーマル車(メタリックミスティックシルバー)。

 レッドカラーのブレンボ製ラジアルキャリパー、フロントマスクを引き締めるハイスクリーン、ブラック×レッドのツートンカラーシート、カーボンクラッチカバーに加え……。カーボン製フロントフェンダー、フロントアクスルスライダー、ホイールを引き締めるKATANAのロゴ入りのレッドリムストライプ、フロントカウルに施されたレッドカラーのワンポイントデザインなど、インパクトのある外観にアレンジされているのが特徴だ。



 それほど大規模に手を入れなくても、大きくイメージが変貌する新型スズキ・カタナ。セパレートハンドルへの交換、マフラーの変更など、まだまだトライして見たいカスタムメニューは目白押し。各カスタムパーツメーカーが、続々とアイテムをリリースするであろうことにも期待したい。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【徹底チェック】2019新型スズキ・カタナにアクセサリー装着車登場!