パリモーターショーでワールドプレミアされ、2019年春頃に日本でもデリバリーを開始する新型RAV4。クロスオーバーSUVの先駆車であるRAV4を、激戦区を戦い抜く既存SUVが迎え撃つ様相に。そこで、今回は、新型RAV4と同じDセグメントのモデル2台のボディサイズなどの比較してみる。

新型トヨタRAV4(米国仕様)

パワートレーンには、直4直噴「Dynamic Force Engine(2.5ℓ)」+8速トランスミッション「Direct Shift-8AT」+2.5ℓハイブリッドシステム(THSⅡ)の設定も。日本での販売開始は2019年春頃を予定。

「Robust Accurate Vehicle with 4 Wheel Drive」(SUVらしい力強さと、使用性へのきめ細やかな配慮を兼ね備えた4WD)が開発コンセプト。真のSUVらしさを追求し、タフでアクティブだけではなく、都会の風景にもマッチする洗練されたデザインも重視されている。



「Toyota New Global Architecture(TNGA)」による新プラットフォーム採用でボディの高剛性化・低重心化を図っているほか、従来モデルを上まわる燃費性能向上と高い操縦安定性・走破性を目指して開発した新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」(ガソリン車)と「新型E-Four」(ハイブリッド車)を初採用。

ホンダCR-V

ガソリンモデルの乗車定員は5名/7名。11月1日にハイブリッドモデル(HYBRID EX/HYBRID EX・Masterpiece)が追加され、こちらの乗車定員は5名。

 五代目となる新型CR-Vは、2018年8月31日に登場。RAV4同様、四代目は日本未導入だったため、復活劇を果たしたモデルとなる。



 広い室内空間や使い勝手の良さに加え、あらゆる状況において安心で快適な走りを提供できるダイナミクス性能を目指し開発。



 ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」に初めて4WDを設定したほか、ガソリンモデルには7人乗りの3列シート仕様も用意されている。

マツダCX-5

クリーンディーゼルエンジンに加え、国内モデルとしては初となる「SKYACTIV-G 2.5T」の設定といった商品改良を実施。デリバリーは11月22日から。

 マツダの新世代商品群の第一弾として、2012年2月に初代モデルが登場。



 17年2月2日、新世代商品群のなかでは初めてとなるフルモデルチェンジが行われ、現行モデルとなる二代目が登場する。



「REFINED TOUGHNESS=洗練された力強さ」をキーワードに掲げ、「成熟した骨格」「品格のあるフォルム」「仕立ての良い質感」の3つを軸に、エクステリア、インテリアデザインが作り上げられている。

【新型トヨタRAV4】■全長×全幅×全高=4600mm×1855mm×1685mm

【ホンダCR-V(FF)】■全長×全幅×全高=4605mm×1855mm×1680mm

【マツダCX-5】■全長×全幅×全高=4545mm×1840mm×1690mm

【新型トヨタRAV4】■ホイールベース=2690mm ■最低地上高=190mm

【ホンダCR-V(FF)】■ホイールベース=2660mm ■最低地上高=190mm

【マツダCX-5】■ホイールベース=2700mm ■最低地上高=210mm

【新型トヨタRAV4】■サスペンション=前:未発表/後:ダブルウィッシュボーン ■タイヤサイズ=未発表

【ホンダCR-V】■サスペンション=前:マクファーソン・ストラット/後:マルチリンク ■タイヤサイズ=225/60R18

【マツダCX-5(20S)】■サスペンション=前:マクファーソン・ストラット/後:マルチリンク ■ホイールサイズ=225/65R17

【新型トヨタRAV4】■荷室容量=580ℓ

【ホンダCR-V】■荷室容量=561ℓ

【マツダCX-5】■荷室容量=505ℓ

※関連記事はこちらからも

【新旧比較】トヨタ|ニューヨーク国際自動車ショーでワールドプレミアされた新型”五代目”RAV4 vs 四代目RAV4 vs 三代目RAV4

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【サイズ比較】新型トヨタRAV4 vs ホンダCR-V vs マツダCX-5