マツダの人気SUVのCX-5が国内初採用となる2.5ℓガソリンエンジン「SKYACTIV-G2.5T」の搭載、2.2ℓディーゼル車に6速マニュアルミッションを追加するなどの商品改良を実施し、受注を開始した。

 今回の商品改良では、人気のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D2.2」に加え、マツダの国内車種として初めて2.5ℓ直列4気筒直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G2.5T」を設定。

 また、安定感のある走りを実現する車両運動制御技術「G-ベクタリング コントロール(GVC)」もハンドルを切った際の制御に加え、ハンドルを戻す際の制御を追加した「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」へと進化。高速走行での車線変更時や滑りやすい路面での車両の挙動を安定させ、安心感が高められた。

 さらに、「SKYACTIV-D2.2」搭載車には新たに、このクラス(2.0ℓ超の国産SUV)唯一となる6速マニュアルトランスミッションを追加設定。車を操る楽しさ提供する。

 このほか、17インチアルミホイールの塗装をダークシルバーからグレーメタリックに変更、エアコンパネルのデザインと各種スイッチ・ダイヤルのデザインを一新し、質感と操作性を向上、ノーマルスピーカー車はAピラートリムを樹脂からファブリックに変更するとともに、Aピラー根元にツイーターを追加するなど質感の向上も図られている。

「Exclusive Mode」はシート素材に柔らかな触感のナッパレザーの採用と黒&ディープレッドの専用カラーコーディネイト、本杢加飾パネル、フレームレスインナーミラーを採用。19インチアルミホイールの塗装変更やシートベンチレーション、7インチTFTメーター、室内照明のLED、フットランプとイルミネーション機能など多岐に渡る特別装備が魅力。
「SKYACTIV-G2.5T」 最高出力:169kW(230ps)/4250rpm 最大トルク:420Nm(42.8kgm)/2000rpm


情報提供元:MotorFan
記事名:「 マツダCX-5が国内初の2.5ℓガソリンエンジンを搭載