7人乗りのクルマがほしい。そうなると3列シート。で、3列シートといえば、ミニバン。という図式になるわけだが、やっぱり走りもちゃんとしていてほしいし、なによりミニバンは……という人も多いはず。そこを狙って2008年に市場に投入されたのが、スバルのエクシーガなのだ。どんなクルマだったのだろうか?

エクシーガ。後継のエクシーガクロスオーバー7と比べてもすっきりしたエクステリアはなかなか魅力的。

 エクシーガのデビューは、2008年6月。「7シーターパノラマツーリング」をコンセプトに開発された。2008年から2015年3月まで作られ、2015年4月には大幅改良を受けて「エクシーガクロスオーバー7」として生まれ変わった。生産は、今年3月まで続けられた。ほほ10年間作られたから長寿モデルと言えるだろう。



 シャシーは、フロントフレームからフロントフロアにかけてはインプレッサ/フォレスター(先代)と共用するが、それ以外は専用設計となる。



 当初は、FFモデルとAWDモデルを設定していた。

 デビュー当時、パワートレーンは、2.0ℓ水平対向4気筒(EJ20型)の自然吸気モデルは4ATとターボモデルは5ATと組み合わせていた。ATは、アイシン・エィ・ダブリュ製。

 あれっ? スバルと言えばリニアトロニックCVTじゃないの? と思う方もいらっしゃるだろうが、最初の1年ほどは、リニアトロニックCVTではなくオーソドックスなトルコンATだったのだ。つまり、エクシーガのATモデル、というのは、ごく初期だけにある「レアなモデル」と言える。



 2009年9月の改良で、ステップATからスバル得意のリニアトロニックCVTに変更された。09年11月にはエクシーガtuned by STIというモデルも登場している。

エクシーガ最大の魅力、3列7人が乗れるパッケージング。

エクシーガ 全長×全幅×全高:4740×1775×1660mm ホイールベース:2750mm

 さて、そのエクシーガのボディサイズは、というと

 全長×全幅×全高:4740×1775×1660mm ホイールベース:2750mm



 である。

 このボディサイズで7人乗りができて、シンメトリカルAWDを実現していたのだから、いまから思うと、存在意義のあるモデルだったと言えるだろう。

こちらは、EJ20ターボを搭載するモデル。ボンネットのエアインレットが特徴だ。

エクシーガ2.0i-L

全長×全幅×全高:4740×1775×1660mm ホイールベース:2750mm

エンジン:EJ20型

2.0ℓ水平対向4気筒DOHC

最高出力:148ps(109kW)/6000rpm

最大トルク:191Nm/3200rpm

フルタイム4WD

トランスミッション:4AT



2.0GT

全長×全幅×全高:4740×1775×1660mm ホイールベース:2750mm

エンジン:EJ20ターボ

2.0ℓ水平対向4気筒DOHCターボ

最高出力:225ps(165kW)/5600rpm

最大トルク:326Nm/4400rpm

フルタイム4WD

トランスミッション:5AT

そしてエクシーガクロスオーバー7へ変身!

 2015年4月にデビューしたのが、エクシーガクロスオーバー7。

 テーマは、都市型SUV×多人数車の新型クロスオーバーということで、流行始めていた「クロスオーバー」的な要素を随所に採り入れたモデルとなっていた。

 エンジンは、2.5ℓ水平対向エンジン+リニアトロニックCVTのみ。エンジンはFB25型だから、エクシーガ時代の「EJ型」から新世代に移行したパワーユニットを搭載していた。

 エクシーガより地上高を10mmほどアップ。存在感のあるルーフレールを装着。ホイールアーチにバンパー、サイドシルなどのブラックのプロテクターをつけて、クロスオーバーっぽいお化粧を施していた。

 エクシーガから全高を10mm、全幅を25mm拡大したボディ寸法となっていた。

エクシーガクロスオーバー7 全長×全幅×全高:4780×1800×1670mm ホイールベース:2750mm

エクシーガクロスオーバー7 2.5iアイサイト

全長×全幅×全高:4780×1800×1670mm ホイールベース:2750mm

エンジン:FB25型

2.5ℓ水平対向4気筒DOHC

最高出力:173ps(127kW)/5600rpm

最大トルク:235Nm/4100rpm

フルタイム4WD

トランスミッション:リニアトロニックCVT

北米向けのスバル・アセント 3列シートのモデルだ

 今年3月で姿を消したエクシーガクロスオーバー7に代わって登場したのが、アセント(ASCENT)だ。だが、こちらは北米向けモデルで、残念ながら日本導入はなさそうだ。

その理由は、ボディサイズにあるだろう。

全長×全幅×全高:4998×1930×1819mm ホイールベース:2890mm



 というサイズは、国内では少し大きすぎるのかもしれない。

 エクシーガクロスオーバー7と比べて

全長で218mm長く

全幅で130mm広く

全高で149mm高い

 つまり、一回り以上大きいということだ。

 エンジンは、新開発のFA24型2.4ℓ水平対向4気筒直噴ターボ。従来の3.6ℓ水平対向6気筒(EZ36型)を代替するダウンサイジング過給エンジンの位置づけである。

アセント(ASCENT)北米仕様

全長×全幅×全高:4998×1930×1819mm ホイールベース:2890mm

エンジン:FA24ターボ

2.4ℓ水平対向4気筒DOHC直噴ターボ

最高出力:260hp//5600rpm

最大トルク:376Nm/2000-4800rpm

フルタイム4WD

トランスミッション:リニアトロニックCVT

 日本で、3列シートのモデルを探すと、いま筆頭にあがるのは、マツダのCX-8だろう。

 こちらのボディサイズは、

全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm ホイールベース:2930mm

CX-8 XD

全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm ホイールベース:2930mm

エンジン:SH-VPTS

2.2ℓ直列4気筒ディーゼルターボ

最高出力:190ps(140kW)/4500rpm

最大トルク:450m/2000rpm

フルタイム4WD

トランスミッション:6AT

 ここまで、エクシーガを軸に3列シートもつモデルを比べてみた。せっかくなので、横比較してみよう。

エクシーガ 全長×全幅×全高:4740×1775×1660mm ホイールベース:2750mm

エクシーガクロスオーバー7 全長×全幅×全高:4780×1800×1670mm ホイールベース:2750mm

アセント 全長×全幅×全高:4998×1930×1819mm ホイールベース:2890mm

マツダCX-8 全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm ホイールベース:2930mm

 こうしてみると、スバル・エクシーガ、エクシーガクロスオーバー7というのは、ちょうどいいサイズで7人乗りを実現していた希有なモデルだったということができそうだ。

程度のよい中古を探す、というのもアリだろう。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 7人乗り、3列シート、でもミニバンはいや! という人のためのスバル・エクシーガ/エクシーガクロスオーバー7ってアリだった