扱いやすいサイズと流麗なデザインが人気のCX-3が「気品ある美しさと先鋭さ」をコンセプトに機能・性能に留まらずデザイン面を含めた大幅改良を受けた。

 具体的には操縦安定性、エンジン、デザイン、安全性能といった領域に改良が施され「乗員の感覚と一体となった走行性能」「優れた環境・安全性能」を高次元で実現したという。

 操縦安定性の部分では次世代の車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ-ビークルアーキテクチャー)」の一部を取り入れ、フロントダンパーやフロントスタビライザー、コイルスプリングの改良と「Gベクタリングコントロール」制御、電動パワーステアリング制御の最適化のほか、シートウレタンの改良、新開発のタイヤを採用することで、車を操る楽しさと乗り心地や静粛性を向上。

 注目のエンジンいついてはマツダ初採用となる新開発の1.8ℓクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」を搭載。従来の1.5ℓから排気量アップされ、超高速マルチホールピエゾインジェクターや可変ジオメトリーシングルタービンの採用などで高回転域での高トルクと力強く伸びやかな加速を実現。「SKYACTIV-D 2.0」についてはCX-5で採用された「エッジカットピストン」や「新ノズル付き拡散インジェクター」などの採用により、全回転域に渡るトルクの向上と実用燃費が向上されている。

 安全性能については、夜間の歩行者認識精度を向上させた「アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキサポート 夜間歩行者検知機能付」をマツダ車として初採用した。これに加え、全車速追従機能付「マツダ・レーザー・クルーズ・コントロール」「360°ビューモニター」「自動防眩ミラー」の設定により、昼夜を問わず安全性が向上された。

デザイン面に関してはフロントグリル、LEDコンビネーションランプ、アルミホイールの形状と質感を変更して車格感の向上が図られた。また、センターコンソールを大幅に変更。デザイン性を高めるとともに、電動パーキングブレーキ、センターアームレスト、マルチボックスが新設され、快適性の向上と疲労軽減が図られている。

特別仕様車「Exclusive Mods(エクスクルーシブモッズ)」を5月31日に発売

CX-3の最上級モデルとして、素材と配色の妙で先鋭さとモダンを表現した「Exclusive Mods」を設定。ディープレッドの専用ナッパレザーシートを採用した専用インテリアコーディネーションと18インチアルミホイール(高輝ダーク塗装)、スーパーUVカットガラス&IRカットガラス(フロントガラス・フロントドアガラス)を装備。ベース車は「20SL Package」「XD L Package」のSKYACTIV-DRIVE(6EC-AT)車となる。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 大人気のコンパクトSUVマツダCX-3が大幅改良を実施