関西ペイントおよび関西ペイント販売は5月14日、自動車補修用水性ベース塗料「レタンWBエコ EV」に、新規メタリック原色を2色追加するなどのバージョンアップを実施し、4月より順次販売を開始したことを発表した。

 2015年4月より販売を開始した「レタンWBエコ EV」は、水性塗料ならではの環境性能に加え、溶剤系塗料感覚の塗りやすさと高い仕上がり品質が高く評価され、多くの鈑金塗装工場で採用されている。また、販売開始後も低湿度時の対策強化、ホワイトHS原色の改良など、ユーザーのニーズに即したバージョンアップを継続的に実施している。



 今回追加された原色は、「レタンWBエコ EV 109メタリック粗目」および「レタンWBエコ EV 848スーパーファインメタリック」の2色。これにより、より多くのメタリックカラーに対応し容易に調色できるようにした。向上いずれも内容量は0.9kg。

メタリックマップのポスター改訂版

 また、この新規メタリック原色の追加に伴い、メタリックマップのポスターを、視覚的に分かりやすいフォーマットへ変更。誰もが簡単に使用でき、調色作業をサポートするツールとして活用できるようにしている。



 さらに、専用のスプレーガン洗浄剤を、労働安全衛生法および有機溶剤中毒予防規則に該当しないものにリニューアルし、「レタンWBエコ EVガンクリーナーNEO」として同時発売。作業者および近隣環境のみならず労務管理上の負担を軽減し、さらに洗浄時に発生する泡を消えやすくすることで、作業時間の短縮を可能にしている。内容量は3.5Lおよび16Lの2種類。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 関西ペイントの自動車補修用水性ベース塗料「レタンWBエコ EV」に新規メタリック原色が2色追加