米国メリーランド州コーブポイントLNGプロジェクトが、4月9日(現地時間)に商業運転を開始したことに合わせ、東京ガス会長の広瀬道明氏、住友商事会長の中村邦晴氏、関西電力社長の岩根茂樹氏は、4月12日(現地時間)に、新設された天然ガス液化プラントを訪問した。また、本プロジェクトの事業主であるドミニオンエナジーコーブポイントLNG社を傘下にもつドミニオンエナジー社のトーマス・ファレル会長兼社長兼最高経営責任者も新設されたプラントを視察し、3社と共に本プロジェクトの開始を祝った。

東京ガスと住友商事の共同事業会社であるST Cove Point LLC社は、ドミニオン社が操業する天然ガス液化プラントに、住友商事100パーセント子会社であるパシフィック・サミット・エナジー社を通じて調達した米国産天然ガスを持ち込み、液化加工された年間約230万トン分のLNGを20年間にわたり輸出する。ST Cove Point社は、 東京ガスグループに年間140万トン、関西電力グループに、PSE社を通じて年間80万トンを輸出する。初出荷は4月下旬以降となり、その後約一か月を経て、神奈川県内の東京ガスLNG基地で受け入れる予定だ。



なお、プラント訪問の前日4月11日(現地時間)には、在アメリカ合衆国日本国大使館・杉山特命全権大使とも会談し、大使から、今回の商業運転の開始が日米経済関係にもたらす大きな成果を歓迎する旨のコメントを得た。



また、東京ガスと関西電力は、2016年4月に合意した「LNG調達における弾力性向上に資する連携」に基づき、需給の変化に柔軟に対応すべく、相互にLNGを交換・融通するなど協力していく。

(左より)ドミニオンエナジー社上級副社長のダイアン・レオポルド氏、東京ガス会長の広瀬氏、関西電力社長の岩根氏、ドミニオンエナジー社 会長兼社長兼最高経営責任者のトーマス・ファレル氏、住友商事会長の中村氏。

本プロジェクトスキーム概要図

情報提供元:MotorFan
記事名:「 住友商事:米国メリーランド州コーブポイントLNGプロジェクトが商業運転を開始