エコカーの代名詞とも言えるトヨタのプリウスだが、カスタム&チューニングを望む声も少なくない。実際にドレスアップのフィールドではメジャーな存在でもあるが、メカ好き・チューニング好き・走り好きが好むようなチューニングが施されたクルマは以外と少ない。そこで注目したいのがGRガレージ鈴鹿カローラ三重とレーシングコンストラクラーのaprがコラボで手がけたストリート仕様の50系プリウスだ。

COROLLA MIE × apr PRIUS

プリウスと言えばハイブリッドシステムを搭載したレーシングカーとしてスーパーGTにも参戦しているクルマ。たしかに、市販車とは異なるレーシングカーだか、その直系と言えるようなチューニングカーがあってもいいんじゃないのかな??



そんなことを思い、スーパーGTでトヨタ・プリウスaprGTを走らせるaprさんに情報を求めてみると

「プリウスって、正直言って非常に複雑でシビアなメカニズムを搭載している車両のため、出力を高めるようなチューニングは難しいかもしれません。しかし、スーパーGTをリスペクトしたプリウスを作って、先日公認車検を取ったところなんですが、このクルマけっこうおもしろいと思いますよ」

とは、OPTとも関わりの深いレーシングエンジニアでapr代表の金曽さん。



なんでも、タッグを組んでスーパーGTに参戦しているトヨタカローラ三重さんからの依頼で、フェンダーカットも施しながら超ワイドボディ化し、大型のブレーキや独自のサスキットなどスポーティに仕上げたストリート仕様のプリウスがあるというのだ。



しかも、このクルマトヨタディラー系のGRガレージSuzuka カローラ三重から、コンプリートカーとして販売しようと計画を進めているところだというから興味深い。



撮影にうかがったのが車両を管理しているGRガレージSuzuka カローラ三重。ディーラーチューンと聞いて、ちょっとばかりナメていたOPTの想像を、いい意味で裏切ってくれる、アグレッシブなワイドフェンダーを纏った現行プリウスが、そこには待ち受けてくれていたのだ。

このプリウスの詳細は、オプション2018年5月号に掲載!!

レーシングコンストラクターのaprが開発したワイドフェンダーなど纏ったプリウスは、昨年12月に富士スピードウェイで開催されたTGRFでお披露目され大きな反響を呼んだ。その後、コンプリート販売を念頭に公認車検を取得、ストリート仕様としてGRガレージ鈴鹿カローラ三重で管理されている。店頭に展示されている車両を見て、販売の問い合わせが入ることも多いそうだ。チューニングに関心を持つプリウスファンがこれほど多いことには驚きだ。




オプション5月号

【オプション5月号 主な内容】

創刊500号に向けてリニューアル第一弾

カーライフを充実させるトピック満載!!

OPT熱望スクープ スープラの次は新型シルビアだ!!

非常識が楽しさを生み出す!!

チューニング禁断のアノ手この手

R35GT-Rを大幅に超える加速を記録!!

開発中の国産スポーツEVに迫る

全車300㎞/hオーバー!!

86/BRZ ZENKAI ATTACK:公道に放たれた異端児たち!?

NATSの卒業ツーリング:500台オーバーが終結!!

R34スカイライン祭り in FSW

最速バトルの行方は!?:Attack 2018 TSUKUBA

使って試して!!:走り屋ライフに役立つ便利アプリ



車種別メンテナンス:レガシィ[BP/BL]

NEWEST WHEEL 2018

これが新型!! GRスープラ レーシングコンセプト

情報提供元:MotorFan
記事名:「 スーパーGT直系・ストリートSPECのプリウス (FROM OPTION)