Dynamic Force Engine 2.0ℓにTHSⅡを組み合わせるパワートレーンの熱効率は41%。ユニットは小型化され、新型オーリスとレクサスUXを皮切りにトヨタのメインハイブリッド・パワートレーンになるはずだ。

右上に型式の「3NM」の刻印が見える。

Dynamic Force 2.0ℓのHEV版用THSⅡは、新型カムリに採用されたHEVシステムを小型・軽量化・低損失化して2.0ℓ用に開発したものだ。これで、プリウスの1.8ℓ+THSⅡ(1NM)、カムリの2.5ℓ+THSⅡ(3NM)、そしてこの2.0ℓ+THSⅡ(3NM)が加わったことになる。技術的にもプリウスとカムリの技術を継承。1.8ℓ版のパワーコントロールユニットのトランスアクスル直上配置、平行軸歯車によるリダクションギヤなどを採用。発表されたばかりの新型オーリスは、1.8ℓTHSⅡと2.0ℓTHSⅡの両タイプを設定する。

新トランスアクスルの型式は、カムリが使うものと同じ「3NM」。モーターの新構造採用によるコイル線使用量減や電磁鋼板を新開発したという。従来比25%の損失低減し、出力/トルクともに20%以上向上させた。

新型トランスアクスルは、80kW / 202Nmのモーター出力。カムリが使う2.5ℓ版3MNと最高出力が8kW低い。リダクションギヤは平行軸歯車化された。

新型Ni-MH(ニッケル水素)電池は、電池パックの構造の見直しと冷却システムのコンパクト化で2.0ℓ専用とし、小型を実現した。

新型Ni-MHバッテリー

     従来1.8ℓ用   新型2.0ℓ専用

総電圧  201.6V      216.0V

容量   6.5Ah      6.5Ah

セル数量 168個 180個

トランスアクスル直上に搭載するパワーコントロールユニットは、1.8ℓ用から20%小型化し、10%軽量化した。2.0ℓ版THSⅡはより小さくした上で効率・出力を上げている。

新型2.0ℓDynamic Force Engine用THSⅡ



新型トランスアクスル

トランスアクスルタイプ:2モーター機械分配式

モータータイプ:交流同期

モーター最高出力:80kW(109ps)

モーター最高トルク:202Nm

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トヨタ新型オーリスとレクサスUXでデビュー決定!Dynamic Force Engine 2.0ハイブリッドの熱効率は41%!