フォルクスワーゲングループジャパンは1月30日、フォルクスワーゲン最初のモデル「タイプ1」をモチーフにした2ドアクーペ「ザ ビートル」の日本での販売を、2019年に終了することを発表。ファンへの謝意を表す「See You The Beetle キャンペーン」の第一弾として、300台限定車「サウンド」を同日より販売開始した。

プレミアムサウンドシステム「フェンダーサウンド」

105ps・17.8kgmを発する1.2L直4直噴ターボエンジン+7速DCTを搭載する中間グレード「デザイン」をベースに、エレキギター・ベースメーカーとして有名な米フェンダー社のプレミアムサウンドシステム「フェンダーサウンド」を搭載。8つのスピーカーとサブウーファー、400Wのアンプを搭載したほか、シフトパドル付マルチファンクションステアリングホイールを標準装備している。

フォルクスワーゲン・ザ ビートル・サウンドの運転席まわり

イコライザーをモチーフとした専用シート

インテリアには、従来はボディ同色となるドアトリム・ダッシュパッドを特別にブラックにアレンジしたほか、ブラックをベースにイコライザーを連想させる赤のスティッチをアクセントに加えた専用シートを採用した。

専用デザインの17インチアルミホイール

エクステリアには、SOUNDバッジをフロントフェンダーに施し、専用の17インチアルミホイールを装着したほか、従来はオプションのバイキセノンヘッドライトを標準装備。さらに、オートエアコンとリヤエンブレム内蔵リヤビューカメラを標準装備し、快適性を高めている。



ボディカラーはホワイトシルバーメタリックとトルネードレッドの2種類で、限定販売台数は各150台。価格は2,940,000円。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 VWザ ビートルが2019年に販売終了! フェンダー製オーディオ搭載の300台限定車「サウンド」を発売