ヤマハ発動機株式会社が、水冷・4ストローク・直列2気筒DOHC・688cm3・270 度クランクエンジンを搭載し、独創的なスタイルで人気の「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし、4月10日より発売することを発表した。

マットグレーメタリック3(マットグレー)
マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)


今回のマイナーチェンジは、“よりMTシリーズらしい進化”をコンセプトに開発。“MTシリーズ”のDNAをキープしながら、ライダーの操作に対し優れたパフォーマンスを発揮する走行性能にさらに磨きをかけ、より“MTシリーズ”らしいスタイリングへの進化を遂げている。



主な特徴は、

1)バネ定数と減衰力のバランス調整を図り、ライダーの操作に対して、よりリニアに反応する前後サスペンションの装備、

2)ライディングポジションの自由度を高め、長時間乗車時の疲労を低減する新設計シートの採用、

3)吸排気の流れや“塊感”を強調し、より力強さを感じさせるスタイリングなど。



カラーリングは、ヤマハスポーツイメージを象徴するブルーにブラックを組み合わせ、スポーティながらシリアスな印象を与える「ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)」、質感を感じるマットグレーをベースに、イエローのアクセントカラーにより、軽快な印象を与える「マットグレーメタリック3(マットグレー)」、マットダークカラーで統一し、凄みを表現した「マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)」の3色設定。

<MT-07 ABS>

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

マットグレーメタリック3(マットグレー)

マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)



・発売日

2018年4月22日



・メーカー希望小売価格

777,600円(本体価格720,000円/消費税57,000円)



・販売計画

1,000台(年間、国内)



■主要諸元■

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ヤマハ、サスペンションを高性能化した「MT-07 ABS」を4月10日より発売