2月2日〜5日までの期間、千葉県の幕張メッセで開催されていた「ジャパンキャンピングカーショー2018」。会場で見つけたのは、車内をあっという間にプライベート空間へと変身させる蛇腹式シェードです。(PHOTO&REPORT:近田 茂)

全開時はスッキリ収納できる。

全閉時の室内側から撮影

REMISも欧州では良く知られたブランドである。多くのキャンピングカーの窓に、標準装備されている実績あるサンシェイドメーカーだ。昔は遮光カーテンを装備していたキャンピングカーも今ではこの様なスライド格納タイプのシェイドが一般的になっている。

今回参考出品されたのは、今後発売予定(販売価格は未定)のスマートシェイド。ハイエース用に専用開発された新商品。

写真でわかる通り、ハイエースのサイド窓にピタリとマッチする専用設計。グレーの枠をドア窓の内側に取り付ければ完結するもので器用な人なら、自分で取り付けも可能。

シェイドそのものは蛇腹式で横方向へのスライド開閉ができるタイプ。手動式だが操作はスムーズで、全閉及び全開時の見た目も美しく、ハイエースオーナーにとって、重宝すること間違いない。



またハイエースをベースにバンコンバージョンモデルを製作しているビルダーにとっても価値を高める重要アイテムのひとつとなるだろう。

株式会社ホワイトハウス

情報提供元:MotorFan
記事名:「 カーテン式はもう古い? 蛇腹シェードで車内を目隠し! 【ジャパンキャンピングカーショー2018】