ヤマハ発動機株式会社は、長距離ツーリング性能とスポーツ性能を兼ね備えたスポーツツアラー「FJR1300AS」および「FJR1300A」に新色を設定をした。1,297cm 3水冷4ストロークDOHC・直列4気筒エンジンを搭載、2月20日より発売される。

2018年モデルは、新色1色を含む2色を設定。今回発売する新色の「マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)」は、質感とスポーティーイメージを両立させるマットブルーをベースカラーに採用し、ヤマハのもつスポーツツアラー最高峰モデルとしての存在感を演出している。

人気の「ダークグレーメタリックN」は継続的に販売。ソリッドなダークグレーをベースカラーにした高品質なイメージはそのまま表現されている。

タンデムツーリングもストレスなし


フラッチ操作不要で快適ライド

なお、「FJR1300AS」は、標準モデル「FJR1300A」に対し、クラッチ操作不要でシフトチェンジが可能なYCC-S(ヤマハ電子制御シフト)、電動調整サスペンション、コーナーリングランプ(LED)などを採用した上級モデルである。



※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料・税金(除く消費税)、登録などにともなう諸費用は含まれていません。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 スポーツツアラー「FJR1300A/AS」に2018年の新色登場【ヤマハ】