チューニング界の創成期からエンジン屋として活躍してきたJUNオート。エンジン加工技術は日本でもトップレベルで、多くのチューナーたちから愛されつづけているメーカーだ。

そんな職人集団のブースは想像どおりエンジンパーツ尽くし! 加工前のクランクやコンロッド、ポート加工の手順がわかりやすく表現されたヘッド、ボアアップ時に使うシリンダーライナーなど、ふだんぜったいに見る機会のないエンジンチューニングの世界がそこには広がっていたのです!





RB26DETTのツインターボ仕様にSR20DETのビッグシングルターボ仕様、VR38DETTの4.2Lコンプリートエンジンなど、チューンドエンジン単体もズラリと並んでいました!



油のにおいを感じたいチューンドマニアは北11ホールへ!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 油のにおいがする男のブース【東京オートサロン2018】