レーダー探知機のトップメーカー「セルスター」は、去年の12月にドラレコ専用の工場を完成させ、2月から本格的に稼働。これまでどおりの全製品メイドインジャパン3年保証をより強くアピールしていた。

最新ドライブレコーダーは参考出品としながらも3月に発売できると思われる「CSD-750F HG」。GPS内蔵で逆走お知らせ機能つき。安全運転支援機能として、前車発進、車線逸脱、車間距離保持の3つの警告を搭載している。

夏くらいにリリースできそうなのが「CSD-790F HG」で、2台のカメラで前方と後方を同時録画。別体カメラというのはセルスターでは初となる。もちろんこちらも安全運転支援機能つきだ。

レーダー探知機も逆走警告を搭載し、より安全なドライブをサポート。ドライブレコーダーと連動させることもでき、画面のないレコーダーと接続することでモニターとして使えるのだ。



パッケージも一新したセルスター製品をチェックしたいひとは北ホール9まで!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 最新ドラレコ事情byセルスター工業【東京オートサロン2018】