トヨタランドクルーザー・ハイエースの販売・カスタムを得意とするFLEX(フレックス)のブースにはさまざまな生活スタイルにマッチする新提案のカスタムカーが並んでいました。

フレックスが提案するのはRenoca(リノカ)というブランド。これはリノベーションカーをもとにした言葉で、フレックスがあるコンセプトに基づいて作ったクルマをベースに、好みのカラーや装備を選んで自分好みの1台に仕上げることができるそうです。

そしてトヨタ・ランドクルーザーをベースにした「リノカ」がこの106。

もとになるのは100系ランドクルーザーですが、60系を再現したフレックスオリジナルのフロントフェイスになっているのが特徴。グリルも成形し、ボンネットやフェンダーも純正並みのクオリティなところがすごいです。

こちらは女性アパレルブランド・アングリッドとコラボしたRENOCA WITH UNGRID。

ベースはランドクルーザープラドです。ハイエースもそうですが、車種的に女性が乗ってるイメージがあまりないクルマなのに、リノカブランドは女性からも支持されることが多いデザインなんだとか。

そしてこのプラドはアングリッドクリエイティブディレクターの高園あずささんプロデュースで。ヴィンテージ感あるシートカバーに張り替えられるなど内装や外装もこだわった1台だそうです。



ちなみにこの2台、どちらもフロントフェイスが変わっていて、もとの丸いイメージをあえてちょっと古めの型式の角ばったカタチをイメージして作られています。というのも年代的には80年台から90年台初頭のカルチャーを意識したデザインがリノカでも人気なんだそうですよ。



「リノカ」についてくわしく知りたいひとは北ホール10のFLEXブースへ!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トヨタランドクルーザー・ハイエースへの新提案「リノカ」とは【東京オートサロン2018】