スバリスト待望のチューニングパーツと新作エアロをまとったWRX STIがゼロスポーツから登場! レッドアルマイト仕上げの導風パーツ「クールエアインテーク」は、エンジンルームの遮熱と吸気効率アップを狙える。ゼロスポーツ栗本さんが持っているのは、排気効率を上げてブーストの立ち上がりに効果を発揮する「エキゾーストマニホールド」だ。

最新エアロパーツ「エアダムスタイリミット」も同時発表。冷却効果のためにダクトを拡大、リップスポイラーとカナードで空力効果も向上させている。エアロを単なる見た目のパーツに終わらせない、そんな想いが込められた新作だ。

デモカーには装着されていなかった「ダイレクトフローシステムボックス」など、まだまだ紹介しきれない新製品が目白押し。ホール5のゼロスポーツブースにてチェックしよう!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ZEROスポーツ発 WRX STIの最新パーツ&エアロ【東京オートサロン2018】