323_0121

JR西日本は、大阪環状線専用の新型車両323系の全編成の投入を6月8日に完了する。

投入完了に伴い、大阪環状線、JRゆめ咲線の営業列車はすべて3扉車両となり乗車位置が統一される。列車ごとに足元乗車位置案内を整備する。

大阪環状線の全駅に「降車エリア」を整備して乗り降りがスムーズにできるようにするほか、混雑する時間帯でもホーム上をできるだけスムーズに移動できるよう「通行帯」を整備する。

2022年度末までに大阪駅、京橋駅、鶴橋駅、天王寺駅、新今宮駅にホーム柵を設置し、安全性の向上を図る。

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JR西日本、大阪環状線専用新型車両323系の全編成投入が完了