Q-SEAT

東京急行電鉄は、大井町線で有料座席指定サービス「Q SEAT」を12月14日から開始すると発表した。

平日に大井町線を利用して田園都市線方面へ着席ニーズに応えるもので「Q SEAT」として運用する車両は現在大井町線6020系7両編成のうち1両をロングシートからクロスシートへ転換できる車両に置き換え、大井町発田園都市線直通の急行長津田行きとして運転する。

既存車両より広い座席、座席コンセントとカップホルダーを設置、車内Wi-Fiサービスも無料で利用できる。

有料座席指定サービス乗降可能駅は大井町、旗の台、大岡山、自由が丘の4駅、有料座席指定サービス降車専用駅は二子玉川、溝の口、鷺沼の3駅、フリー乗降駅はあざみ野、青葉台の2駅で平日の夜5本(191号・201号・211号・221号・231号)。指定料金は400円(均一料金)、座席数はクロスシート36席、ロングシート9席の計45席。

有料座席指定サービスは12月14日から開始予定であるもの、車両は11月中旬からロングシートで営業運転を開始する。

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「東京急行電鉄、大井町線に有料座席指定サービス「Q SEAT」を12月14日より開始