2-2018

JR東日本は、新幹線の性能向上に伴い、地上設備に関する環境対策のさらなる精度向上を目的とした275キロ走行試験を、上越新幹線大宮~新潟間で実施する。

試験期間は10月26日~11月28日で、最大一日3往復する。

試験内容は環境性能確認試験(沿線騒音および振動計測)を8時~18時30分の日中帯を基本としたE2系275キロ走行を実施する。

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JR東日本、上越新幹線・大宮~新潟間で275キロ走行試験を実施