メイン(アツ構内)

相鉄グループの相模鉄道は、2017年12月に導入する都心直通用新型車両「20000系」の第1編成が8月4日に車両センター到着した。

瀬野八

電気機関車にけん引

車両が製造された日立製作所 笠戸事業所から機関車にけん引され、相模鉄道創業の路線であるJR相模線を経由して厚木操車場に到着。

モヤ700系けん引

操車場からは、事業用車両「モヤ700系」で車両センターに輸送された。

本州最西端の山口県から神奈川県まで約950キロを移動してきた。

そうにゃん添乗

新型車両20000系は12月より営業運転を開始する予定で7000系車両の代替として1編成10両を導入。

快適性の向上、車内での情報提供の強化、環境への配慮、安全・安心の更なる向上などを特徴とし、相模鉄道初となるものを多く取り入れている。

(画像提供:相鉄グループ・相模鉄道)

情報提供元:Ex-Train
記事名:「相模鉄道、都心直通用の新型車両「20000系」が到着!