欧州ブランド図鑑

品質の良さがウリの日本製品とはひと味違うヨーロッパ生まれのアイテムは、機能ばかりでなく、人を惹きつけるチカラがある。どこのメーカーも自動車文化の伝統を重んじていて、クルマ好きを熱くさせる勘所を心得ているのだ。これまでブレンボ、KW、レカロ、BBS、そしてPART5では、カタログの前半を紹介してきたが、憧れの欧州ブランドはまだまだあるぞ。

4輪ばかりでなく2輪にも精通する実力派

ÖHLNS/オーリンズ

ケント・オーリンが1976年にスウェーデンにある父親が経営する工場の軒先を借りて、オートバイ用のショックアブソーバーを作ったことが「オーリンズ」の始まりだ。

クルマ用の開発は少し間をおいて80年代後半から着手した。2輪、4輪共にモータースポーツに軸足を置いたスタンスで、そこで得たノウハウをストリート用として一般ユーザーにフィードバックしている。

世界有数の難関コースであるドイツのニュルブルクリンクサーキットのすぐ近くにテクニカルセンターを開設して日夜開発に明け暮れる。

タイプHA
ネジ式車高調整モデル。高圧ガス封入単筒式で減衰力は20段階で調整できる。ラバーブッシュやダストブーツなど補修部品が充実していてオーバーホールも可能だ。
対応:アクアほか
価格:21万8000円〜

タイプHAL
ネジ式車高・全長調整モデル。DFV(デュアル・フロー・バルブ)を採用することで、高速域で出過ぎる減衰力を抑えて、全域に渡ってしなやかな乗り味を生み出す。
対応:30アルファードほか
価格:32万8000円〜

問:カロッツェリアジャパン 03-5851-1852
http://www.carrozzeriajapan.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スピードを感じる造形美

OZ/オーゼット

「OZ」はシルヴァーノ・オゼッラドーレとピエトロ・ゼンがイタリアで1971年に立ち上げたホイールメーカーだ。

1985年にはフォーミュラ・ワンに供給をスタートして、1988年からはWRCにも供給を始める。今までの優勝数は150を超えて、2019年はフォーミュラ・ワンに参戦する10チームのうち7チームがOZユーザーとなる。

インディーでの装着率は95%、WRCに至っては100%のワークスカーに供給している。OZのセカンドブランドとして展開しているMSWも好調だ。

ラリーレーシング
荒野を駆け抜けるイメージが強烈なデザイン。実際にラリーシーンを席巻したホイールのリメイクバージョン。最新のテクノロジーで復活だ。
サイズ :17×7.0〜19×8.5
価格:4万7000円〜
カラー:ホワイト、ダークグラファイト

モンテカルロHLT
押し出し感のあるミニバンに相性抜群。シンプルながら勢いのあるコンケイブスポークに施されたローレット加工が刺激的なアクセントだ。
サイズ:19×8.0〜22×9.5
価格:6万7000円〜
カラー:グロスブラックポリッシュ、マットブラック、マットグラファイトポリッシュ

MSW 30
1985年に生まれたOZのセカンドブランド。シャープでいながら力強いスポークのインパクトが足元で主張する。装着するクルマを選ばない。
サイズ:17×7.5〜19×7.5
価格:4万2500円〜
カラー:グロスブラックダイアモンドリップ

問:オーゼットジャパン 053-469-5011
http//www.oz-japan.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エンドユーザーの声を製品に反映させる

REMUS/レムス

1990年にオーストリアで設立したスポーツマフラーメーカーの「レムス」は、スタート当初の従業員はわずか5名の町工場だった。

それから約30年。ハイレベルな品質が世界中のアフターマーケット市場を席巻した。と同時にヨーロッパのチューナーたちにも支持されて、急成長を成し遂げた。

現在、5800坪の広大な工場には400名近い従業員を抱えるヨーロッパ屈指のスポーツマフラーメーカーへと上り詰めた。

エンドユーザーの要望を重視する製品作りは設立当初から揺るぎなく、今では約50カ国に輸出を行っている。

スポーツラベル
排気効率のアップと同時にエキゾーストサウンドも十分に考えて、愛着が湧く製品を生み出す。マテリアルにもこだわって精度、品質、性能の向上を常に考えて開発している。

メインサイレンサーとテールエンドが分割式になっているタイプは、テールエンドが豊富なラインアップの中からチョイスできる。素材はメタル系ばかりでなくカーボンをあしらったものも用意されている。イメチェン効果は特大だ。
対応:ワゴン・SUVほか
価格:6万3000円〜

問:阿部商会 0800-100-4182
http://abeshokai.jp/remus/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スパルタンをオシャレにアレンジ

SPARCO/スパルコ

「スパルコ」は1977年にラリー競技に情熱を燃やすエリンコ・グロリオーソとアントニオ・パシリが立ち上げた。

スタート当初からシートやステアリングなどのモータースポーツ用品を中心に展開。レーシングスーツが初プロジェクトだと言われている。

1983年にはランチアのオフィシャルサプライヤーとしてWRCで初勝利を収め、フォーミュラ・ワンでもブラバムのオフィシャルサプライヤーとしてワールドタイトルを勝ち取った。

2001年にはカーボンの特別なノウハウを習得。競技色の強い硬派なブランドだ。

SPX
カーボンフレームをベースにレザーやアルカンターラを使ってワイルド具合いを低減している。リクライニング機構も導入していて使いやすさにも配慮。
価格:49万8000円

チャンピオン
レーシングテイストがほとばしるデザイン。赤いセンターマークがその気にさせる。一切の無駄を省いたスパルタンな味付けが最大の魅力だ。
価格:2万6800円

スタイルワゴン2019年7月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「オーリンズ|オーゼット|レムス|スパルコ まだある! 憧れのブランド図鑑(後半)【垂涎の欧州ブランドPART6】