親しみやすい外装デザインに刷新!
安全性能や使い勝手もパワーアップ

7月にフルモデルチェンジされることが発表されたN-WGN&N-WGNカスタム。

2017年に新型へ移行したN-BOXから提唱された「N for Life」の第3弾となるN-WGN&N-WGNカスタムは、力の入れようがハンパない!

軽自動車の使用頻度第1位である通勤・通学・買い物などの街乗りを重視し、あらゆるシーンで快適にクルマが使えるように安全性能や使い勝手をトコトン追求。

安全装備はN-BOXと同基準の「Honda SENSING」を標準装備したうえ、ホンダ軽自動車初の渋滞追従機能式ACC(アダプティブクルーズコントロール)を搭載している。

またバックでの駐車をサポートするパーキングセンサーシステムに加え、テレスコピック&チルトステアリング機能をホンダの軽自動車で初採用するなど、初物づくしだ。

【新型の情報はコチラ】
http://www.honda.co.jp/N-WGN/new/

外装(N-WGN)
新型 N-WGN N-WGNカスタム
N-WGNは、円形状のヘッドライトとハリのある面構成で親しみやすさを表現。

外装(N-WGNカスタム)

N-WGNカスタムは、基本的なデザインを踏襲しながらもフェイス面をスクエア基調にすることで力強さと上質感を表現している。

インパネまわり(N-WGN)

インパネまわりは水平基調で、広々とした視界を確保。

内装色はN-WGNがベージュ基調となっている。

インパネまわり(N-WGNカスタム)

内装色はN-WGNカスタムがブラック基調と先代モデルの雰囲気を踏襲。

ナビやエアコンルーバーの位置は両車とも変更されている。

ラゲッジ(2段ラックモード)

備え付けのボードを使えば上下2段の積み分けが可能なため、室内高を有効に活用できる。

ラゲッジ(ローフロアモード)

低床化したフロアだから、植木鉢などの高さのある荷物もラクに積載できる。

ラゲッジ(ビッグラゲッジモード)

ボードを使ったまま後席を倒すと広々としたラゲッジスペースになり、長尺モノの積載も可能だ。

問:Hondaお客様相談センター 0120-112010
http://www.honda.co.jp

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「新型N-WGN/N-WGNカスタムが間もなくデビュー! ティザーサイトで先行公開【新型車レポート】