9月16日に神戸にて開催された「スタイルワゴン アルファード&ヴェルファイアミーティングin神戸」。エントリー開始から数日で既定台数に達し、開催前からSNS等でも話題沸騰。10系から30系まで総台数300台を超えるアルファード、ヴェルファイアが全国から集まった超ビッグなミーティングとなった。このスタワゴ アルヴェルMTに参加してくれたクルマを全台お見せします!

パート039

30系前期から後期へと乗り換えたヴェルマニア


岡本祥克さん(京都府)
AGH30ヴェルファイア (平成30年式)


30系前期ヴェルファイアから30系後期ヴェルファイアへと乗り換えた、ヴェルファイアマニアの岡本さん。足周りは乗り心地とローダウンの両立を図れるテインのフレックスA。ホイールは質感溢れるメッシュデザインのロクサーニ・マルチフォルケッタ。フェイスがブラックで、リムポリッシュ仕様を選ぶことで、上品な足元を演出する。
SPECIFICATION
●ホイール:ロクサーニ・マルチフォルケッタ(20インチ)●タイヤ:トーヨー・トランパスMP(245/40)●車高調:テイン

白×黒のメリハリあるフォルム


末影さん(大阪府)
GGH20ヴェルファイア(平成24年式)


HKSのSスタイルLで適度にローダウンされた20系ヴェルファイア。フロントにはステージ21のリップスポイラーを加えて、さり気なくスポーティに。注目はボディカラーの白に対して、ボンネット、ダクト内をブラックで揃えることで、メリハリのある力強さを演出したフロントまわり。ボディサイドのピンストライプステッカーも効果的だ。
SPECIFICATION
●ホイール:ワーク・イクサ04C(20インチ)●タイヤ:ニットー・NT555(245/35)●エアロ:F=ステージ21●車高調:HKS

次に狙うはアドミレイションのフルバンパー


藤田孝司さん(兵庫県)
ANH20アルファード(平成27年式)


緻密に作り込まれたヘッドライトで力強いフェイスをアピールする藤田さんの20系アルファード。足周りはテインの車高調で適度に落とし、ホイールはプレミアム感溢れるヴァルケンの20インチをチョイスする。今はアドミレイションのフルバンパーが欲しいとのことで、さらに迫力あるシルエットが想像できる。
SPECIFICATION
●ホイール:ヴァルケン(20インチ)●タイヤ:ニットー(245/35)●車高調:テイン

フルブラックの威圧的フォルム


山本伸一さん(大阪府)
ANH20ヴェルファイア (平成22年式)


フロントはジュール、サイド、リアはシルクブレイズのエアロをまとう山本さんのヴェルファイア。塗り分けをせずあえてボディ同色のモノトーンで揃えることで、威圧的なフォルムを作り出す。ホイールは複雑な造形で存在感を発揮するワークのラスターレRT2。こちらもボディに合わせてブラックを選び統一感を高める。
SPECIFICATION
●ホイール:ワーク・ラスターレRT2(20インチ)●タイヤ:ニットー(245/35)●エアロ:F=シックスセンス、S/R=ケースペック●車高調:テイン

シルバーのメッシュホイールが上品


西村好史さん(和歌山県)
ANH20ヴェルファイア(平成22年式)


エアロレスでシンプルなシルエットでまとめる西村さんの20系ヴェルファイア。シャープなフェイスを作るアイラインや、サイドのピンストライプステッカーなどアクセントを散りばめることでバランス良くカスタム。ホイールは上品さ溢れるロクサーニのメッシュホイール、マルチフォルケッタ。シルバーフェイスがさらに上品さを高める。
SPECIFICATION
●ホイール:ロクサーニ・マルチフォルケッタ(20インチ)●タイヤ:グッドイヤー・イーグルLSエグゼ(245/35)●エアロ:R=エムズスピード●車高調:テイン

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「スタイルワゴン主催 アルヴェルMT300台超全て見せます!PLAYBACK _039