9月16日に神戸にて開催された「スタイルワゴン アルファード&ヴェルファイアミーティングin神戸」。エントリー開始から数日で既定台数に達し、開催前からSNS等でも話題沸騰。10系から30系まで総台数300台を超えるアルファード、ヴェルファイアが全国から集まった超ビッグなミーティングとなった。このスタワゴ アルヴェルMTに参加してくれたクルマを全台お見せします!

パート038

シンプルにローフォルムを楽しむ

長瀬博幸さん(滋賀県)
ATH20ヴェルファイア(平成26年式)


エアロレスでシンプルに飾る長瀬さんの20系ヴェルファイア。車高はテインの車高調、フレックスAで適度にローダウン。足元はAMEシャレンで高級感溢れるサイドラインをアピールする。派手さを抑えることで、飽きの来ないスタイルを構築する。
SPECIFICATION
●ホイール:AME・シャレン(20インチ)●タイヤ:グッドイヤー(245/40)●車高調:テイン

赤メッシュの差し色でインパクトUP

迫田優大さん(京都府)
ATH20アルファード(平成24年式)


ロェンのボディキットを加えた迫田さんの20系アルファード。フロントはバンパーダクト内に備えたメッシュを赤でアレンジ。黒ボディに映えるコーディネイトで、抜群のインパクトをフェイスにもたらす。足回りはフロントがテイン、リアが低さを求めて日正タイヤ。20インチのアミスタット・マドゥーラを絶妙なツライチでセッティングする。
SPECIFICATION
●ホイール:アミスタット・マドゥーラ(20インチ)●タイヤサイズ:(245/35)●エアロ:S/R=ロェン●車高調:F=テイン、R=日正タイヤ

名門BBSが映えるシンプルコーディネイト

角谷碧海さん(大阪府)
ANH20アルファード


30系エスティマから20系アルファードへと乗り換えた角谷さん。適度なボリュームを持つハーフエアロで、どっしりとした印象をプラスし、フロントのダクト内には煌びやかなモールも加え高級感もアピール。ホイールは名門BBS。シンプルなコーディネイトゆえに、BBSの存在感が際立つ。
SPECIFICATION
●ホイール:BBS(20インチ)●エアロ:F/S/R=不明●車高調:不明

白×黒でメリハリのついたカラーコーデ

古川敦士さん(兵庫県)
ANH20ヴェルファイア (平成24年式)


エアロレスのシンプルなフォルムだが、フロントグリルやダクトまわりが黒く、白×黒のメリハリの効いたコーディネイトを見せる古川さんのヴェルファイア。足周りはラルグスの車高調、ホイールはワークのグノーシスGF4をチョイス。シルバーのフェイスがスポーティな印象を強める。
SPECIFICATION
●ホイール:ワーク・グノーシスGF4(20インチ)●タイヤ:ATRスポーツ●車高調:ラルグス

ボルドのエアサスで着地寸前のローフォルム

下村 弘さん(滋賀県)
GGH20ヴェルファイア(平成21年式)


ボルドワールドのエアサスで着地寸前までローダウンされた下村さんの20系ヴェルファイア。エアロパーツはアドミレイションのハーフシリーズ、デポルテをフルでセット。コンパクトながらエッジの効いたデザインが存在感を演出する。
ホイールはワークのグノーシスGR205。2×5本スポークが、質感溢れるスポーティな印象を高める。
SPECIFICATION
●ホイール:ワーク・グノーシスGR205(20インチ)●タイヤ:ニットー・NT555●エアロ:F/S/R=アドミレイション●エアサス:ボルドワールド

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「スタイルワゴン主催 アルヴェルMT300台超全て見せます!PLAYBACK _038