9月16日に神戸にて開催された「スタイルワゴン アルファード&ヴェルファイアミーティングin神戸」。エントリー開始から数日で既定台数に達し、開催前からSNS等でも話題沸騰。10系から30系まで総台数300台を超えるアルファード、ヴェルファイアが全国から集まった超ビッグなミーティングとなった。このスタワゴ アルヴェルMTに参加してくれたクルマを全台お見せします!

パート018

アルヴェルマスターが手掛ける1台


藤島秀和さん(徳島県)
AGH30アルファード(平成30年式)


藤島さんといえば、10アルファードの頃からハイレベルなクルマを作り続けるアルヴェルマスターのひとり。以前乗っていた30前期ヴェルに続き、後期アルでもその手腕は健在だ。巧みなメッキ使いに加え、こだわっているのが足まわり。アヴェルエアーを中心としたフットワークを構築し、F10.0J/R10.5JのスーパーRS(特注)を履きこなす。ハイセンスな仕上げは、全国にファンも多い。
SPECIFICATION
●ホイール:BBS・スーパーRS(20インチ) ●タイヤ:ニットー・NT555G2(245/35) ●エアロ:R=ジェノヴァ ●エアサス:アヴェル

限定モデルのBBSを華麗に履きこなす


四元悠登さん(鹿児島県)
GGH20アルファード(平成21年式)


鹿児島から参加の四元さんは、70ヴォクシーから乗り換えた20アルファードで来場。足まわりにこだわったいわゆる純ベタスタイルが信条だ。とくに足元に収まるBBSは、F1チャンピオン獲得を記念して発売されたチャンピオンエディションを採用。全長調整式ショックを採用したエアサスで、純正バンパーが着地するほどの低さをゲットしているのも見どころだ。
SPECIFICATION
●ホイール:BBS・LMチャンピオンエディション(20インチ) ●タイヤ:ピンソ(F235/30、R245/30) ●エアロ:F=後期純正 ●エアサス:ACC・オンザグラウンド

バンパーはニコイチ&サンコイチ!


藤澤幸平さん(香川県)
10系アルファード(平成19年式)


ブラスティジュエルとエイムゲインをニコイチしたフロントバンパー、そしてD.A.D&ブラスティジュエル(レクサスGS用)&ケイブレイク(ライフ用)をサンコイチしたリアバンパーなど、ハイレベルなドレスアップが投入された1台。ホイールも22インチと大口径な上、和柄のリムステッカーでオリジナリティ抜群。今後、足まわりをはじめ、オーディオなどを手掛けたいと進化はとどまることを知らない。
SPECIFICATION
●ホイール:SSR・ヴィエナツウェール(22インチ) ●タイヤ:ニットー・ネオテクジェン(225/30) ●エアロ:F=ブラスティジュエル+エイムゲイン、S=ギャルソン・D.A.D、R=D.A.D+ブラスティジュエル+ケイブレイク ●エアサス:ボルドワールド(フェイトオリジナル)

真っ赤に燃えるグラインダータトゥ!


河野祐輔さん(徳島県)
GGH20アルファード(平成21年式)


シックスセンス・ジュールのフルエアロ、そしてBBS・LM-Rの21インチとドレスアップの軸をしっかりと作り上げた河野さん。見どころは、やはりボンネット。グラインダータトゥというペイントテクニックで、ボンネットにグラインダーで模様を描き、その上から模様が透けるように塗装するワザで、燃え上がる炎を思わせる見た目を実現しているのだ。
SPECIFICATION
●ホイール:BBS・LM-R(21インチ) ●タイヤ:ゼスティノ・ブリオズ.01S(245/30) ●エアロ:F/S/R=シックスセンス・ジュール ●エアサス:ボルドワールド

シンプルイズベストなコーディネイト


野口真弘さん(徳島県)
AGH30ヴェルファイア(平成28年式)


野口さんの30前期ヴェルは、シンプルなドレスアップを披露。足まわりは、フェイトが手掛けているエアサス・アヴェルで、BBS・LMの20インチを履く。そして純正オプションのバンパーガーニッシュを装着することで、オリジナリティを向上。フロントウインドウから覗くピンクのふさも、らしさを表現しているポイントになっているのだ。
SPECIFICATION
●ホイール:BBS・LM(20インチ) ●エアサス:アヴェル

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「スタイルワゴン主催 アルヴェルMT300台超全て見せます!PLAYBACK _018