やっぱり気になる、あのカスタムメニューは実現可能……だったのか?

KUHL JAPAN PRESENTS


後期モデルになってフェイスデザインが大幅に変更されたアルファードとヴェルファイアだが、気になるのは後期のフェイスを前期に装着できるのかということ。
今回はそんな疑問をクールジャパンがデモカーを使って実証実験した。

その1 アルファード編!

純正パーツはスムーズに装着できたが……

ALPHARD FACE CHANGE

今回はクールのエアロキットが装着されたアルファードで移植作業を検証。


後期ルックは純正でも破壊力抜群。


まず最初に取り付けたのはヘッドライト。固定するためのボルト位置は全て同じで、スマートに設置することができた。


バンパーの装着に重要なリテーナー(サイドサポート)。ボディ両脇のバンパー取り付け部分のアダプターとして使用。


クールのレーシングボンネットが装着された状態では、ボンネットが閉まらず、ヘッドライトに干渉…。


後期純正のボンネットを用意していなかったため、前期純正を用意し交換。ヘッドライトとの干渉もなし。

ポジションランプが未点灯!?

最後はヘッドライトの点灯試験。しかしポジションランプとハイビームが点灯せず!! 配線はカプラーオンだったが、内部コンピューターの設定が必要な感じだ。

ボンネットは新規開発
「レーシングボンネットは前期と後期で共用できると思っていたのでちょっと残念。ほんの僅かなサイズ違いでしたので、後期用の開発は比較的スムーズにできると思います。エアロパーツの製作と一緒に開発致しますので、少々お待ち下さい」

【アルファード(Sグレード) 純正パーツ】

アルファード最大の特徴が大型のフロントグリル(ラジエーターグリル)。準備したパーツの中でも一際目立つ存在だ。今回用意したヘッドライトはシーケンシャルウインカー未搭載のベースグレードモデル。

  1. フロントバンパーカバー
  2. ラジエーターグリル
  3. ヘッドランプユニット
  4. フロントバンパーサイドサポート
  5. フロントバンパーホイールカバー


純正パーツ代 約30万円

↓オリジナル記事には、前後ページへのリンクがあります。

(ドレナビ)

情報提供元:ドレナビ
記事名:「まずはアルファードから! 【アルヴェル熱烈宣言!】前期→後期化! 顔面移植3部作 その1