事前予約でなんと7000台突破!※ 機能、実用性、気になる走りは!?

MAZDA CX-8 マツダ・CX-8

※記事初出時

CX-8はミッドサイズSUVのCX-5の3列シートバージョンといえるモデルだが、実際に乗ってみるとだいぶ印象は異なっている。
「CX-8のベースはCX-5ではなく、海外で販売されている3列シートSUVのCX9のプラットフォームを流用している。ただし、それでは全長が大き過ぎるので、前後のオーバーハングを短くして、日本でも持て余さないサイズに合わせている。それでも全長は4900mmになるので狭い駐車場では気を使う。

CX5とはフロントグリルのデザインが異なるが、フロントドアまでは共通のパネルが使われている。ホイールベースがCX5よりも23cmも長くなっているが、間延びしたデザインになっていない。インテリアもCX5とほぼ共通だが、幅の広いセンターコンソールを採用するなど質感が高められている。2列目シートは3名掛けのベンチシートとセパレートされたキャプテンシートを設定。最上級グレードの「XD Lパッケージ」では大型コンソールが付いたゴージャスなシートだ。3列目はミニバ ンほどの余裕はないが大人でも座れる居住性を確保している。

エンジンは2.2Lディーゼルターボ&6速ATの1種類。基本部分はCX5と共通だが燃焼室形状や燃料噴射システムが最適化されており、CX5よりも15ps/8Nmもパワーアップしている。そのおかげでCX5よりも200kg重くなった重量を感じさせることなく、気持ち良く走ってくれる。

静粛性も高められているので、ディーゼル特有の音や振動もまったく気にならない。乗り心地の快適性も高いので、走りの質感はプレミアムSUVに匹敵する。フットワークは加減速の際にノーズの動きが大きく感じられるが、ハンドリングの正確性が高く、大きなボディを意識させない安定感のある走りを見せてくれる。CX-8を走らせてみるとCX-5を伸ばしたのではなく、様々な部分に手を加えて丁寧に作り込まれていることが分かる。

エンジンは2.2L 直噴ディーゼルターボのみ。エッグシェイプと呼ばれ る最新ピストンやインジェクターによりクリーン化を推進し、燃料を効 率良く燃焼させ力強いパワーを発揮する。静粛性も極めて高い。

CX-5のテイストを踏襲したコックピット。ドライバーの疲労やストレス 軽減を重視し、スイッチ類やペダル類を配置。ペダルは余計な負担 をかけずに確実に踏み込めるオルガン式だ。上質な白本革もあり)。

しっかりと、快適に座れる3列としたシート。快適なドライ ブには正しい姿勢が重要と、もっとも疲れにくい着座姿勢である、骨盤と脊柱がS字を描く様に設計されている。2列目はキャプテンシートとベンチシートから選べる。

車速やクルコン設定速度、道路標識などをフロントガラスに表示する機能は、視線移動を少なく、運転時の危険認知を高めるサポート機能だ。カラー表示で、直感的に認識しやすい。

Fusion TIFF File

荷室側から行える可倒機能により、ヘッドレストを脱着することなく、荷室空間を自由に拡大可能。ボタン操作だけでバックドアを開閉できる、電動リフト機能が上位車で標準化。

SPECIFICATION
グレード名 XD Lパッケージ
全長×全幅×全高(mm) 4900×1840×1730
室内長×室内幅×室内高(mm) 2690×1540×1250
JC08モード継費消費量(km/L) 17.6(2WD)/17.0(4WD)
エンジン排気量・種類 2188cc・直列4気筒DOHCディーゼルターボ
最高出力[kW (PS)/rpm] 140(190)/4500
最大トルク[Nm/kgf-m)/rpm] 450(45.9)/2000
乗車定員(名) 8
タイヤサイズ 225/55R19
価格 395万8200円(2WD)/419万400円(4WD)
全グレードの価格は、319万6800円(XD・2WD)~419万400円(XD Lパッケージ・4WD)

マツダ・CX-8のサイトへ

「スタイルワゴン2018年2月号」より
リンクが見えない場合はオリジナルサイトへ! (続く

(ドレナビ)

情報提供元:ドレナビ
記事名:「KG2P系マツダ・CX-8 | STYLE WAGON NEWCOMER IMPRESSION