タニグチの本気が炸裂!

東西の人気峠を激走 THE BEST SUSPENSION of JIMNY

OFF ROADSERVICE TANIGUCHI

ジムニー界の重鎮と言われるオフロードサービスタニグチ(以下タニグチ)。
歴代のジムニー用サスペンションで、圧倒的な販売数を誇る同社が、今回の取材に持ち込んだサスペンションは、近日発売開始のソルブACE40コイルサスペンションキット。

このサスペンション、リフト量自体は40ミリと控えめ。約1.5インチ強のリフト量。
しかし、仕様的な中身はかなり濃い。

2段レートで初期は柔らかく、奥で踏ん張るタイプ。
さらに、ダンパーの減衰力が絶妙で、サスペンションが動いているのに暴れない。
収束がかなり早く、荒れた路面でもアクセルを踏んで行ける。
今回のクルマは、スタビレス。
にもかかわらず、かなり回頭性がいい。
2段レートがかなり効いている。
スポーツができるレベルだ。

さらに話を聞くと、使用しているダンパーは、3インチアップクラスの長さとのこと。
これは、オフロードで使用した時に40ミリアップでありながら、3インチアップクラスのストロークがあると言うこと。


外観的には、オリジナルのグリル、バンパーが伝統のタニグチルックを継承している。
さらに特筆すべきは、スキッドプレートだ。
現状市販で発売されているスキッドプレートは、正直オフロード走行には心許ない。
はっきり言ってファッションだ。

しかし、このスキッドプレートの取り付けは、かなり強固。
ステアリングフィールがシャープになる程しっかりしている。
スキッドプレートのステーに牽引フックが装着されていることからもわかるだろう。
リヤのバンパーは、純正テールを使用しながらも、可能な限り薄型となっている。
軽快感とオフ性能を考慮した作りだ。
タニグチらしさとスキの無い性能、それがタニグチのジムニーチューンだ。

注目の足まわり:SOLVE ACE 40 Coil Spring


スタビレスにもかかわらず、コーナリング性能はかなり高い。
新型ジムニーは荷重配分的にフロントエンジンミッドシップとのことで、それらをきちんと考慮した上で、サスペンションのセッティングを行っているとのこと。


ダンパーのセッティングも、ルーフ面積の大きさから、JB23とは全く異なるとのこと。
全て専用品となっている。


この本の発売時期にダンパーの市販品が完成し、キットでの販売が可能になるとのこと。
アップタイプのコンペマフラーRも近日発売予定だ。


伝統のタニグチフェィスが、今回のJB64でも再現された。


ナンバー移動キットは、スペアタイヤの位置に合わせて左右へ調整可能。


リアワイパーを外した場合のブラケットを隠すオシャレなカバー。


薄型タイプのリアバンパーに対応したアップタイプのコンペマフラーRがいよいよ販売開始。
全域に渡ってトルク、パワーが向上する優れものだ。


オフロードにおいての必須アイテムとも言えるタンクガードも完成。
マフラーとのクリアランスも絶妙だ。


フレームから見えるタンク上部に泥などが飛ばないようにするプロテクタ。


新規格になってから、ヒットしやすいピボット部に、アームガードは必需品。


最新モデルのトンデモ強度を持ったリアショックガード。
これ以上のものは現存しないだろう。


新たな法規制で、ダッシュボード上のメーター設置に規制がかかる可能性がかかるとのことで、旧車チックでオシャレなメーターステーをリリース。


ロングドライブでの疲労軽減、スポーツ走行時のホールド性確保の為に欠かせないブリットのセミバケシート。


車中泊時の明るさ確保には、LEDルームランプが必須。


助手席の前にドリンクホルダーだけでなく、携帯などの小物を収納出来るトレーは、かなり便利なのだ。


立体フロアマットは、レッドのステッチがオシャレ。
さらに、泥などの混入時にフロアに落とさずに社外へ出すことが可能。


人間工学を考慮して作られたペダルとフットレスト。
滑りづらく、疲労が少ない為、長距離ドライブの必須アイテムだ。


リアマットは、純正のトレーに収納可能。
泥汚れに強い素材で丸洗い可能。


レーザーシェードは紫外線防止だけでなく、プライバシー確保にも一役買っている。


カラーコーディネイトが可能なシフトノブも。

JB64W JIMNY

【Exterior】
FRPフロントバンパー:3万6000円
FRPフロントグリル:3万5000円
スキッドプレート(黒アルマイト):4万3500円
SPステー用けん引フック(ステンレス):1万800円
LEDフォグバルブ(イエロー2400K):3万円
サイドマーカースモーク:3800円
タンクガード:1万9000円
フロント用アームガード(ステンレス):2万6000円
リア用アームガード(ステンレス):2万5000円
強化リアショックガード(ステンレス):価格未定
タンクサイドカバー(アルミ):7800円
FRPリアバンパー:3万7000円
メッキLED調整式ナンバー移動キット:2万4000円
リアワイパーキャンセルカバー(試作品):5900円
ステンレスロゴプレート:1300円
ボンネットダンパー:1万2000円
フードラインステッカー:9800円
ボディストライプテープ(ブラック):6000円
メッシュダクトシートサイド:600円

【Interior】
ショルダーカバー(レザー/スエード):4500円
LEDフロントルームランプ:3500円
LEDリアルームランプ:3300円
立体ラバーマットMT用(フロント):1万800円
立体ラバーマット(リア):1万1000円
ラゲッジマット:1万2000円
オペレーションペダルアクセル(シルバー):1万5680円
オペレーションペダルMTブレーキ(シルバー):7680円
オペレーションペダルクラッチ(シルバー):7680円
SOLVEフットレストバーMT用(シルバー):9800円
コンビシフトノブMT用:8200円
サイドブレーキグリップⅡ(赤ステッチ):1万2500円
ドリンクホルダータイプ3:1万4000円
レザーシェードフルセット:2万6000円
デュアルメーターフード:2万5000円
BRIDEユーロスターⅡクルーズタニグチVer.:9万8500円
BRIDEシートレール:2万4000円
BRIDEサイドラエアバックキャンセラ−2.2Ω:1500円

【Engine Tune】
コンペマフラーR:7万8000円

マフラーアース:1600円
4×4プラスチューニング:8800円
オイル添加剤スーパーイエロー150ml:1万5000円
テフロンステンレスメッシュクラッチホース:7500円
ファイナルLSD・SP(リア用):15万8000円
ファイナルLED専用オイル80W-250:5000円

【Suspension】
ソルブACE40コイルスプリング:4万2000円
14段調整式ショックA14X:7万2000円
テフロンステンメッシュブレーキホース:2万9500円
調整式ラテラルロッド(フロント用):2万1000円
調整式ラテラルロッド(リア用):2万1500円
リアラテラル補正ブラケットV:6000円
車高センサー固定ステー:価格未定
GTアーム・フロント6°:5万2000円
リアバンプベース:1万1000円

**【Tire&Wheel】 **
ナイトロパワーGRENADE 5.5J×16
トーヨー・オープンカントリ−MT 195R16

※ 価格はすべて税別です

オフロードサービスタニグチ


谷口 武さん
納得のいく性能になるまで、かなりの時間が掛かってしまいましたが、ACE20、ACE40がようやく完成となりました。
2020年頭には、ACE60(仮名)も完成予定です。
フロントエンジンミッドシップと言う重心レイアウトの為、従来のセッティングでは良いものになりません。
新たな技術を導入し、一から作ったこのサスペンションは自信作です。

問:オフロードサービスタニグチ
電話:079-264-4455
http://www.ors-taniguchi.co.jp

ハイパーレブ Vol.241 スズキ ・ ジムニー & ジムニーシエラ No.6(2019/12/26)より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「リフト量控えめ、中身は本格オールラウンダー|JB64 ジムニー カスタム