[PR]

空気圧を自動モニターしてトラブルを未然に回避

WEDS GEAR BLUE LABEL / TPMS MR
ウェッズギア ブルーラベル / タイヤ空気圧/温度モニタリングシステム ミドルレンジ


WEDS ウェッズ 空気圧 センサー モニタリング
みなさん、タイヤの空気圧は気にしてますか? 「距離走らないし……」とか「高速乗らないから」という方も、タイヤの空気圧はしっかりチェックしましょう。

万が一、空気圧が不足していたら、ガソリンスタンドなどで普通に補充できるのでトラブル回避につながります。

とくに社外アルミホイールに交換したら、大事なホイールを守るためにエアチェックは必須です。とはいえ、ガソリンスタンドなどで都度チェックするのは手間がかかります。


そこでオススメなのが空気圧モニタリングシステム。

最近では、純正で装備しているクルマもありますが、まだごく一部です。

ウェッズギアから発売されている【TPMS MR(タイヤ空気圧モニタリングシステムミドルレンジ)】は、Kカーからキャンピングカー(4t程度)まで、幅広い車種に対応できる後付けのタイヤ空気圧/温度モニタリングシステム。

専用のセンサー送信機をホイールに装着すれば、専用モニターでタイヤの空気圧と温度をチェックすることができます。

このアイテムの魅力は、リアルタイムでタイヤのコンディションを確認できることがひとつ。そしてもうひとつは、センサーポジション自動認識機能(OTO)です。これは、初めて使うときはもちろん、タイヤをローテーションしたときやセンサーを交換したときに、自動的にセンサーの位置を認識する機能。いちいち手動で設定しなくてもいいのはうれしいですよね。

大口径ホイール&低扁平タイヤのカスタムカー、あるいはオフロードタイヤで悪路を走行するアップスタイル車など、エア漏れ時のリスクが高いクルマに乗っている方はもちろん、ノーマル車の方も、万が一のトラブル回避のために一度導入を検討してみてはいかがでしょうか?

タイヤの空気圧や温度の許容幅はモニターで設定可能。許容範囲を逸脱したときに異常を知らせてくれるので、トラブルを未然に防げます。

専用センサー送信機をホイールに装着。140kpa〜760kpaまで測定できるので、車重のあるキャンピングカーでも安心して使用できます。

ずぼらな性格でも安心(?)の機能がこれ。前後タイヤの温度差や回転方向によって各センサーの位置を自動で認識してくれる便利機能です。

写真のような22インチ装着車ともなると、タイヤも薄くなり、空気圧不足によってホイールに傷を付けてしまう危険も増大。適正な空気圧管理を心がけましょう。

キットにはモニター&センサーのほかに、取り付けキットなどが同梱。センサーは電池内蔵式で、電池が切れたら要交換(3〜5年)。その他補修部品はホームページをチェックしてみてください。

【PARTS SPECIFICATION】
価格:3万9800円

問:ウェッズ 03-5753-8201
https://www.weds.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_山口 功]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「インチアップしてる人、チューモーク!! 面倒なタイヤの空気圧チェック、自動でしてくれるんだって!