室内空間の拡大で使い勝手が向上
先進安全機能も大幅アップデート

東京モーターショー2019に展示された「スーパーハイト K-WAGON コンセプト」。そのカタチから大きく変わることなく、新型スーパーハイトワゴンとして発表されたのが、eKクロススペース/eKスペースだ。先にリリースされたeKクロス/eKワゴンと同様にカスタムを廃止。三菱のデザインコンセプトであるダイナミックシールドを採用したSUVモデルと、標準モデルの2フェイス仕様としている。
フルモデルチェンジして進化した点はまだある。室内空間は大幅に拡大されただけでなく、後席シートスライド量やスライドドア開口幅も拡大。スライドドアには、ミニバンで人気の機能となっているハンズフリー機能を搭載することで利便性をアップさせている。
また、先進安全機能も向上。eKクロス/eKワゴンに搭載されたマイパイロットにミリ波レーダーを追加することで、スムーズな追い越しができるようになっただけでなく、三菱e-Assistには前方衝突予測警報(PFCW)、ふらつき警報(DAA)、標識検知(TSR)、先行車発進通知(LCDN)の4機能を追加することで、安全性を大幅に向上させている。
さらに、停車及び減速時にエンジンが自動停止するオートストップ&ゴー機能をはじめ、加速時にモーターアシストするハイブリッドシステムを全車搭載することで、低燃費な走りを実現している点も見逃せない。

外装(eKクロススペース)

三菱のデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用したフロントフェイス。水平基調のグリルとメッキバーを組み合わせることで、SUVらしい力強さを強調したエクステリアだ。

内装(eKクロススペース)

ブラック基調のシンプルなインテリア。インナードアハンドルは「M」がブラックで、「G」と「T」はメッキになる以外は、アッパーオープントレーなどの収納が全車に標準装備となる。


撥水生地を採用したファブリックシート。前席はセンターアームレスト付きのベンチシートで、シートヒーターを標準装備。後席は5対5分割で、スライド&リクライニング機構が付く。

プレミアムインテリアパッケージ

「G」と「T」にオプションとなるプレミアムインテリアパッケージは、合成皮革×ファブリックの生地で、ブラウン基調となる。各部にオレンジステッチを配することで、上質感と高級感を演出。

外装(eKスペース)

親しみやすいフロントフェイスのeKスペース。グリルは自然吸気がボディ同色、ターボがブラック塗装にすることで差別化。ヘッドライトからボディサイドへ伸びるキャラクターラインにより、スタイリッシュさを演出。

内装(eKスペース)

柔らかいカラーのライトウォームグレーを基調とすることで、居心地の良い空間を演出。カラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイを全車標準装備としている。


シート生地は「M」がファブリック、「G」と「T」が撥水仕様のファブリックとなる。またeKクロススペースではオプションとなる助手席前倒れ用レバーが全車標準装備となるのはGOOD。

室内空間

エンジンルームを縮小し、先代からホイールベースを65mm延長することで、余裕の室内空間を確保。スライドドアの開口幅を650mmに広げ、ステップ高を2WD車で370mm、4WD車で390mmとすることにより、小さな子どもでも楽に乗降が可能になった。

マイパイロット

全車速追従式ACCと車線維持支援機能の2つで高速ドライブをアシストするマイパイロットは、「G」と「T」にオプション設定。eKクロス&ワゴン搭載仕様よりもアップグレードされたミリ波レーダー追加版で、追い越しの際にウインカーを出すと設定速度内で加速し、スムーズな追い越しができるようになっている。

【SPECIFICATION】

<eKクロススペース>
M 165万5500円(2WD)/178万7500円(4WD)
G 177万1000円(2WD)/190万3000円(4WD)
T 185万9000円(2WD)/199万1000円(4WD)

<eKスペース>
M 139万9200円(2WD)/153万1200円(4WD)
G 154万2200円(2WD)/167万4200円(4WD)
T 163万5700円(2WD)/176万7700円(4WD)

三菱自動車お客様相談センター 0120-324-860
http://www.mitsubishi-motors.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「eKスペースがフルモデルチェンジ! SUVモデルのeKクロススペースを新設定【新型車レポート】