専用カスタマイズで走行性能がアップ
走りを極めた「モデューロX」が新設定

先日の東京モーターショー2019にて展示され、いつ発売になるか話題となっていたヴェゼル・モデューロX。ステップワゴン、S660に続く第3のモデルとして、11月28日に発表された。
モデューロXは様々な路面環境で「思い描いたラインへ、クルマが反応してくれる」をコンセプトに、運転本来の楽しさを幅広いユーザーへ届けるべく開発。熟練のエンジニアが丹念込めて専用チューニングを施すことで、直進・旋回において安定感のあるフラットな乗り味を実現している。
グレード構成は、1.5Lターボを搭載する「TOURING Modulo X・Honda SENSING」、1.5L自然吸気+モーターを搭載する「HYBRID Modulo X・Honda SENSING」のふたつ。
駆動方式はガソリン車が「TOURING」をベースとした2WDのみで、ハイブリッド車が「HYBRID RS」ベースの2WDと「HYBRID Z」ベースの4WDを設定する。

外装
ヴェゼル モデューロX
フロントはグリルやエアロバンパーに加え、LEDフォグライトも専用品。またグリルやフォグまわりの造形に合わせてブラックアウトすることで落ち着きのある精悍フェイスに変身している。


リアは専用エアロバンパーをブラック基調、専用エアロロアガーニッシュをシルバー基調とすることで、メリハリの効いた存在感あるリアビューを作り出している。

シート

運転席は、モデューロXシリーズで初めて専用フロントスポーツシートを装備。背面や座面のサイドサポートを大きくしてホールド性を高めつつ、ドライバーの疲労軽減にも配慮されている。


後席の形状に変わりはないが、モデューロX専用のウルトラスエード×合成皮革仕様となるオリジナル加飾が施されている。

サスペンション

モデューロブランドが培ってきた「上質でしなやかな走り」を実現する専用サスペンション。空力を考慮したエアロパーツと相まって、安定感のあるフラットな走りを実現している。

【SPECIFICATION】

TOURING Modulo X・Honda SENSING 352万8800円(2WD)
HYBRID Modulo X・Honda SENSING 346万7200円(2WD)/361万7900円(4WD)

Hondaお客様相談センター 0120-112010
https://www.honda.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「速報! 専用チューニングを施した本格的な走りを堪能! ヴェゼルのコンプリートモデル「モデューロX」が新登場【新型車レポート】