外装・内装・足まわり、すべてが規格外!!
豪華絢爛さはアルヴェル超え!?

TOYOTA/GRANACE
トヨタ/グランエース

海外ではグランビアやマジェスティの名で販売され、国内での販売も正式にアナウンスされたトヨタの新型車「グランエース」。ミニバンの絶対王者アルファード&ヴェルファイアを超えると言われるボディサイズ、外装& 内装の高級感、そして気になるカスタムの可能性など、お披露目となった東京モーターショーで全貌をチェックしてきた。
グランエース トヨタ
ボディサイズは大きいが実は運転しやすいかも!?
冒頭から話がそれてしまうが「グランエース」が展示されていたブースはトヨタ車体。昨年からハイエースをはじめとする、バン事業の開発&製作がトヨタ車体に移管されたため、モーターショーではトヨタではなくトヨタ車体のブースでお披露目された。

年内の正式発売を予定しており、今回の車両はあくまでも参考出展車という位置付けだが、ほぼ市販モデルといってよさそうとのこと。まず気になるサイズ感はやはりデカイ!!

アルファード & ヴェルファイアよりもひとまわり大きな印象。正直、街中での運転にてこずりそうだが、実際のところはそうでもなさそう。前後のオーバーハング数値はアルヴェルよりも短く、エンジンをFR化することでタイヤの切れ角も大きくしている。

結果小回りがきくため、実はアルヴェルよりも運転しやすいのでは? という話もある。
また全高を1990㎜に抑えて、全高2m未満が多い街中の地下駐車場に入れるサイズ感に設定されるなど、実は日常の使い勝手がかなり考えられている感じだ。

そして気になるルックスは、メッキを多用し少々ヤンチャ感のあるアルヴェルよりもグッと大人になった印象。アルファード顔負けの大型アッパーグリルを採用するが、メッキを最小限に抑え堂々たる風格に。

一方でL字形状のライトバーでボディのワイド感を演出したリアビューなどは迫力満点。インチアップしてローダウンするだけで、他を寄せつけないオーラを強烈に放ちそう。続いて室内もかなり豪華な仕様。

特に2列目/3列目が圧巻で、後席2列仕様の6人乗りは、セカンド/サードシートとともに本革のキャプテンシートを採用。しかも車内の圧迫感を和らげるためにシート両サイドの空間にゆとりを持たせている。まさにVIPの送迎車という感覚だ。

実際用途としては、空港からホテルなどへの送迎車としての役割がメインになるのではと言われているが、アルファード&ヴェルファイアのライバルとして、本気でカスタムすればかなり面白そう。今回メーカー直系ブランドのモデリスタ&TRDともにエアロパーツの開発予定はなし。アフターメーカーの動向に期待してます!!



細部の形状は異なるが、アルファード・エグゼクティブラウンジの電動キャプテンシートがベースとなるセカンド&サードシート。しかも後席4シートすべてが同形状で、オットマンはもちろん読書灯やルーフのバニティミラーなども全席備えられている。VIP御用達のおもてなし空間となっている。

木目調と金属調の質感をバランスよく組み合わせることで、優雅な雰囲気を表現。室内のベース色は2パターン用意される予定。

グリルからヘッドライトへつながるような造型でデザインされたメッキガーニッシュ。ヘッドライト&フォグランプともにLEDを採用。

リア全体のワイド感を演出するL字形状のLEDテールランプ。ウインカーランプはバルブタイプで流行りのシーケンシャルは未搭載だ。

リアの足まわりは左右のホイール同士を繫ぐ新開発の車軸式。アルヴェルのようにローダウンでキャンバーは付かないが、乗り心地は上質に。

純正ホイールはハイエースと同じ6穴。タイヤもライトトラック用のLTタイヤが標準。タイヤ&ホイール選びはアルヴェルより苦労するかも。

【基本スペックをアルファードと比べてみた!!】

グランエース アルファード(3.5L)
全長×全幅×全高(mm) 5300×1970×1990 4945×1850×1953
ホイールベース(mm) 3210 3000
トレッド 前/後(mm) 1670/1670 1600/1605
室内長×室内幅×室内高(mm) 3290×1735×1290 3210×1590×1400
エンジン型式/排気量(cc) 1GD(クリーンディーゼル)/2754 ガソリン/3456

外観は全てにおいてグランエースがひとまわり大きいが、特に注目したいのは室内幅。タイヤハウスを小さくして、その分車内に余裕を持たせるなど、とにかくゆったりくつろげる空間を作るためのこだわりがギッシリ。またグランエースのエンジンはクリーンディーゼルのみ。

クールが最速CGカスタム

http://kuhl-japan.com
どこよりも早くエアロパーツの開発に手を上げたのが、アルファード&ヴェルファイアの開発にも積極的なクール。デザインは検討中だが車両が入荷次第即スタートするとのこと。また6穴対応の2ピースホイールやマフラーの開発も合わせて行いたいとのこと。

スタイルワゴン2019年12月号より



[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「グランエースをアルヴェルと比較!【カスタムCGも有り】どうなの!? カスタムできる!? スタイルワゴン的検証