モニターレスの小型機と超広角レンズ搭載機!
あおり運転対策に有効なドライブレコーダー2機種

Owltech
オウルテック/ドライブレコーダー

オウルテック ドライブレコーダー ドラレコ
オウルテックからドライブレコーダーの新製品としてモニターレスの小型ボディを採用した「OWL-DR901W」と、HDR機能を搭載する「PWL-DR501」が発売。

近年、ドライブレコーダーの需要が急増。オウルテックでは様々なシチュエーションに合わせて使えるように2機種発売し、乗用車だけでなくトラックへの装着も可能な12V/24Vの両電圧に対応している。全国の量販店をはじめ、直販サイト「オウルテックダイレクト(https://direct.owltech.co.jp)」等で取り扱う。

「OWL-DR901W」は、装着時の視界を妨げないスリムな小型ボディをモニターレスとすることで実現。コンパクトながらWiFiやWDR(逆光補正)対応などの豊富な機能を搭載している。広角143°のレンズを採用し、人間の視界に近い範囲を記録可能。通常のフロントガラスだけでなく、近年増えている後方からのあおり運転の様子もしっかりと撮影できるように、リアガラスへの装着も簡単におこなえる。その際も後方視界を妨げないスリムなボディが最適。

「OWL-DR501」は超広角レンズを採用し、156°もの広範囲の映像を撮影可能。HDR技術に対応しているので、明暗差が大きな場所でもくっきり細部まで録画できる。また、Gセンサーと連動することで衝撃時に録音オン、通常時は録音オフを自動で切り替えるプライバシーオート録音機能を搭載しているので、運転中にストレスを感じさせない。

なお、オウルテックのドライブレコーダーは、オウルテック本社がある神奈川県海老名市のふるさと納税返礼品として2018年から採用されており、2019年は3モデルが対象となっている。

OWL-DR910W



モニターレスとすることで実現させたコンパクトでスリムなボディ。幅95.6mm、高さ41.3mmのサイズで、フロントだけでなくリアガラスへの装着もOK。

16GBmicroSDカード、12V/24V入力シガープラグコード(約4m)が付属。WiFi対応なのでスマホから本体操作や映像確認ができる。

【SPECIFICATION】
●商品名:OWL-DR910W
●価格:オープン価格(市場想定価格:1万3800円/税別)
●サイズ:W95.6mm×H41.3mm×D31.4mm
●重量:約72.4g(本体)
●仕様:カメラ 映像素子:1/2.9インチCMOSセンサー、画素数:219万画素、レンズF値:F1.8、視野角:対角143°(水平120°、垂直62°)、逆光補正機能:WDR(常時ON設定)、記録メディア:microSDカード(16GB付属、最大128GBまで対応)、電源入力:ミニSUB(5V/1A)、WiFi規格:IEEE802.11b/g/h(2.4GHz)、GPS:非対応

OWL-DR501



広範囲録画可能は広角156°のレンズを採用し、HDR技術で明暗の差が大きい場所でもクッキリ録画が可能。

付属品は16GBのmicroSDカード、12V/24V入力シガープラグコード(約4m)、粘着テープ付ブラケット。

【SPECIFICATION】
●商品名:OWL-DR501
●価格:オープン価格(市場想定価格:1万2000円/税別)
●サイズ:W62mm×H63mm×D28mm
●重量:約60g(本体)
●仕様:カメラ 映像素子:1/3インチCMOSセンサー、画素数:310万画素、レンズF値:F1.8、視野角:対角156°、液晶サイズ:2.4インチTFT液晶、記録メディア:microSDカード(16GB付属、最大32GBまで対応)、電源入力:microUSB(5V/1A)、AV出力:HDMIミニケーブル(※ケーブルは付属しません)、GPS:非対応

問:オウルテック 046-236-3522

トップページ

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_清水 勤]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【ふるさと納税返礼品にも採用!】オウルテックのコンパクトなドラレコ2モデルが登場!