「RAYS WORLD TOUR」in シンガポール
世界初公開モデルに現地メディアも大興奮

国内のみならず、世界中のファンから支持されているホイールブランド・レイズ。特にアジア市場では高い関心を寄せられており、2017年から現地メディアやディストリビューターを招待し新製品をお披露目する「レイズ・ワールド・ツアー」を開催してきた。3回目となる今回は、アジアの中枢都市・シンガポール。スタイルワゴン的、最大のトピックは、ベルサスから発表された鍛造ホイール。
レイズ ワールドツアー ホイール ベルサス 鍛造
今年のFIA世界耐久選手権(WEC)でトヨタガズーレーシングとタッグを組み、2年連続総合優勝を果たすなど、レーシングホイールサプライヤーとしてワールドワイドな活躍を見せるレイズ。

企業理念である“コンセプトイズレーシング”には、モータースポーツカルチャーを創造したいという思いがあると、レイズ・三根茂留代表取締役社長。

「当社は創業以来、レーシングホイールサプライヤーとして長年活動をしてまいりました。2年連続総合優勝を果たしたWECでは、厳しい要求に対応するため膨大なコストと時間をかけホイールを開発していますが、優勝できたことに非常に満足しています。今、ホイールのレギュレーションが特に厳しいフォーミュラー1やWECでは鍛造マグネシウムホイールが許されています。このレースにおいて使用されている多くのホイールが、レイズ、BBS、OZ。レイズ、BBSはもちろん日本製ですが、OZに関しても、日本製の鍛造素材を使って参戦しているということがわかっていますので、つまりマグネシウム鍛造工法のホイールは、すべてメイドインジャパンとなります。世界で戦えるための商品開発とノウハウ、その歴史に裏付けされた信頼性がレイズの理念。そんな信頼性の証として、レイズ商品には、レイズブランドであることがわかるロゴとメイドインジャパンの文字を刻印しています」。

そんなレイズの2020年モデルがお披露目された今回のワールドツアーにおいて、一番の注目作がベルサスからデビューした鍛造ホイール、VMF C-01。

ベルサスといえば、デザイン性を追求した鋳造ホイールで、先に発表されたリボルブやサルヴァトーレにおいてもマシニング技術を多用したドレスアップ性に優れたデザイン。

そもそも鍛造ホイールといえばスポーツホイールの代名詞であり、レイズであればボルクレーシングがその代表。

そんな枠を解き放ち、鍛造でもファッション性を求めて開発されたのが、VMF、ベルサス・モード・フォージドだ。

テーマは「折り鶴」のような繊細かつ複雑な技術を用いて作るデザインホイール。「Origami」「Orizuru」は、世界でも通じる美しい日本の文化。その理念を注ぎ込まれたVMFは、今までの鍛造ホイールとは一線を画すルックスで、滑らかな曲線やコンケイブデザインを大胆に採用することで造形美の美しさを追求した。

ホイールリムにはメイドインジャパンの刻印に加え、コンセプトである折り鶴も刻印されるなど、美しさ、そして信頼性も折り紙つき、というわけ。ベルサスからの新作というよりも、VMFという新たなベルサスの誕生である。

VMF C-01


VMFはVERSUS MODE FORGEDの略称。従来の鍛造ホイールは、軽量、高剛性、走行性能に特化したスポーツホイールだが、デザイン性を重視。また、昨今自動車メーカーのホイール開発においてよく聞かれるNVH(Noise Vibration Harshness)にもこだわり、解析テストによる実験結果では、純正と変わらない静粛性を達成している。つまり走行時における、タイヤやホイールの風切り音から発生する雑音や騒音、足まわりから伝わってくる振動などが抑えられているということ。

MK、DX、RXの3つに分かれるカラーバリエーションだが、エクスクルーシブラインと位置付けられるRXカラーは、表面をバフがけした艶感ある仕上げ、完全受注生産となる。またスポーク側面をマシニング加工で削り落とし、鍛造素材特有の美しさもアピール。
SPORT LINE Matte Gunblack/Rim Egge DC(MK)

HI-LINE Diamond Cut/Side Dark Gunmetal(DX)

EXCLUSIVE-LINE REFAB/Side Brightening Metal Dark/MC(RX)

「【シンガポールでワールドプレミア】リムに折り鶴の刻印。レイズ・新生ベルサスから鍛造ホイールがデビュー!!」の1枚めの画像LEXUS_LS


レクサス、ベンツ、BMWをメインターゲットに、デザインと操縦安定性を提案できるホイールとしてまったく新しいコンセプトで誕生した鍛造ホイール。アルファード・ヴェルファイアといった、ハイクラスミニバンがさらりと履きこなす姿も似合いそう。



メイドインジャパンやベルサスブランドの刻印だけでなく、折り鶴の刻印もリム内側に刻まれている。繊細かつ美しいデザイン、そして信頼性は折り紙つき。

【SPECIFICATION】
●サイズ:20×8.5〜11.0
●価格:9万4000円〜13万4000円
●H/P.C.D:5-114.3、5-112、5-120
10月末発売開始予定

その他の注目モデル

VOLK RACING GT090


GT3レース用に開発されたロードゴーイングモデルとして発売。スポークサイドに5軸加工機で横孔を開け、軽量化と視覚的な刺激を与える設計。高級スポーツカー、セダン、SUV をターゲットにした鍛造ホイール。21インチをラインアップ。

gram LIGTHS 57FXZ

来年参戦予定のTCRレース向けに展開するホイールの市販バージョン。 レーシングホイール由来のスポークシルエットを表現した、57FXXのアイデンティティを継承。インナーリムの強化など、剛性面も大きく向上されている。またスポーツホイールでありながら、表面をスパッタリング処理で艶感のある仕上がりに。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_小林 章]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【シンガポールでワールドプレミア】リムに折り鶴の刻印。レイズ・新生ベルサスから鍛造ホイールがデビュー!!