ストラーダ史上最大級の大画面・高画質の
SDカーナビステーション3モデル登場!

Panasonic
パナソニック/ストラーダ

パナソニック PANASONIC ストラーダ
パナソニックは、「DYNABIG(ダイナビッグ)スイングディスプレイ」を搭載したSDカーナビステーション「ストラーダ」シリーズを3機種に拡充し、2019年11月上旬より発売する。

従来の9V型と同等のディスプレイユニットサイズに収まる狭額縁の10V型フローティング大画面を新たに開発し、3機種中、2機種に搭載。

10V型でありながら、業界最多の400車種以上に装着を可能とし、高まる大画面ニーズに対応している。

好評の左右スイング機能を搭載し、「見やすくキレイな大画面」が進化。高精度な「HDブリリアントブラックビジョン」を搭載し、表示解像度を従来比2.4倍に向上。ストラーダ史上最上級の高画質を実現している。

また、上位モデル「CN-F1X10BD」では高精細なHD画質・高音質を楽しめるブルーレイプレーヤーを搭載。過酷な車内環境でも安定したディスク再生が可能な対振・耐熱性に優れた車載専用光ピックアップを採用。ブレーレイソフトやレコーダーで撮りためた高画質映像を気軽にクルマに持ち込んで楽しめる。

世間を騒がせている煽り運転への対処も重視。前後2カメラタイプのドライブレコーダー(CA-DR03TD・別売り)と連携させることで、カーナビ画面で簡単に操作や映像再生ができるほか、車体の前後を同時に録画、走行中にカーナビ画面で後方の映像を確認できる機能やバック時にリバース連動で後方の目視補助を行う機能を搭載するなど拡張性が高い。

ドラレコには「ドラレコ搭載を示す」オリジナルステッカーも付属。ドライブレコーダー搭載を車外に認知させることで、危険運転の抑止効果も期待できる。

SDカーナビゲーション「CN-F1X10BD」


【SPECIFICATION】
●価格:オープン
●搭載ディスプレイ:DYNABIGスイングディスプレイ 10V型HD
●動画再生メディア:BD/DVD
●ナビユニット外寸サイズ(幅×高さ×奥行き):178mm×100mm×170mm(取付奥行き寸法168mm)
●ナビユニット重量:約2.6kg
●ディスプレイユニット外寸サイズ(幅×高さ×奥行き):240mm×141mm×19mm
●ディスプレイユニット重量:約1.0kg

SDカーナビゲーション「CN-F1X10D」


【SPECIFICATION】
●価格:オープン
●搭載ディスプレイ:DYNABIGスイングディスプレイ 10V型HD
●動画再生メディア:DVD
●ナビユニット外寸サイズ(幅×高さ×奥行き):178mm×100mm×170mm(取付奥行き寸法168mm)
●ナビユニット重量:約2.3kg
●ディスプレイユニット外寸サイズ(幅×高さ×奥行き):240mm×141mm×19mm
●ディスプレイユニット重量:約1.0kg

SDカーナビゲーション「CN-F1D9D」


【SPECIFICATION】
●価格:オープン
●搭載ディスプレイ:DYNABIGスイングディスプレイ 9V型WMGA
●動画再生メディア:DVD
●ナビユニット外寸サイズ(幅×高さ×奥行き):178mm×100mm×170mm(取付奥行き寸法168mm)
●ナビユニット重量:約2.3kg
●ディスプレイユニット外寸サイズ(幅×高さ×奥行き):240mm×141mm×19mm
●ディスプレイユニット重量:約0.9kg

【関連記事】

    問:パナソニックお客様ご相談センター 0120-50-8729
    https://panasonic.jp

    [スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_清水 勤]

    情報提供元:ドレナビ
    記事名:「400車種以上に装着可能な大画面10インチナビ!! ドラレコとの連携性も高い新型ストラーダ