オーストラリアから上陸したカーライフスタイル
「JACK & MARIE」5店舗目が11月にオープン

JACK & MARIEグランベリーパーク

JACK&MARIE ジャックアンドマリー オートバックス グランベリーパーク
オートバックスセブンが展開する、クルマを通じたライフスタイルショップ「JACK & MARIE」。

昨年、横浜、名古屋、福岡に出店し、オーストラリア・バイロンベイのカルチャーを背景に、車とともにあるライフスタイルを提案。“Surf”“Bohemian”のスタイルとクルマを保有する場所である“Garage”の3つのコンセプトを軸にアイテムを展開している。

今回、5店舗目として都内初、店舗面積最大級として2019年11月13日(水)に開業する南町田のグランベリーパークに出店される。

ブランドのアイコンである「BMW」のMINIを店内に設置し、クルマで出かけた先の楽しみ方やスタイル、ファッション、IN-OUTアイテムなどをラインアップする他、店内にコーヒースタンドを併設。オーストラリア発のオーガニックコーヒーロスター「BUN COFFEE」を提供し、ショッピングをしながらオーガニックコーヒーを楽しむことができる。

世界中のサーファーが波を求めてやってくるバイロンベイはボヘミアンカルチャーが根付き、THRILLSやBILLABONGなどサーファーブランドの他、SPELLなどの可愛いボヘミアンファッションが人気。サーフ、ボヘミアンが融合されたオーストラリアらしいアイテムをセレクト。また、ガレージではただ保管する場所という概念から、リビングのような居心地を求め、こだわり抜かれたガレージウェアやIN-OUTアイテムの他、PELICANなどの質実剛健はハードアイテムも展示する。

2019オータム/ウインターは、UNIVERSAL OVERALLとコラボしたカー用品を発売する他、オーストラリアブランドのOneTeaSpoonやTEMPLE OF THE SUNとの別注アイテム、ARCTIC EXPLOER、Abu Garcia、WILD THINGSなどもセレクト。オープン時にはフルラインアップでお出迎えする。

「JACK & MARIE」のコンセプトは“Surf”“Bohemian”。オーストラリアのバイロンベイに根付く、ボヘミアンカルチャーをセレクトする。

クルマを保管する場所であるガレージ。ただの保管場所という概念から、リビングルームのように居心地が良く、ロードトリップの出発点という考え。

2019オータム/ウインターでは“UNIVERSAL OVERALL”とコラボしてカー用品を展開する予定。また、数々のブランドをセレクトする。

JACK & MARIE初となるコーヒースタンドは、オーストラリア発オーガニックコーヒーロースター「BUN COFFEE」を設置。

【施設情報】
●店舗名:JACK & MARIE グランベリーパーク
●住所:東京都町田市鶴間3-4-1 グランベリーパーク内
●営業時間:10:00〜20:00
●オープン予定日:2019年11月13日(水)

問:オートバックスお客様相談センターフリーコール 0120-454-771

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_清水 勤]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「南町田にオープン! オートバックスのライフスタイルショップ「JACK & MARIE」