ジムニーの老舗と有名ブランドが夢のコラボ
欧州の香りもほのかに漂わせた高品質シートカバー

JIMNY WORLD×CABANA SEATCOVER


ジムニーではあまり耳馴染みのない〈CABANA(カバナ)〉というネーミング。しかし欧州車、中でもミニやフィアットの世界では、知らぬ者はいないほど有名なシートカバーブランドである。そのカバナと、ご存じジムニーワールド(エヌズ・ステージのプロデュースするジムニープロショップ)がタッグを組み、新型ジムニー&シエラ向けのシートカバーを開発中だ。
両者を知る人なら異色のコラボに思えるかもしれないが、品質へのこだわりという点では共通している。カバナのシートカバーはルノー/カングーやVW/ザ・ビートル等で純正アクセサリーとして採用されるくらいクオリティが高いし、一方でジムニーワールドが扱うパーツも、基本的に品質の安定したジャパンメイドのみ。「新型ジムニーのシートカバーを作る/販売する」というミッションを前に、お互いに最適な相手を選んだということだ。

純正OP並みのクオリティでジムニーの室内を華やかに

コンセプトは“ワンランク上のシートカバー”。昨今は1台分で2〜3万円ほどの商品も珍しくない中、フラッグシップモデルは12万円〜(いずれも予価)という価格設定に。そしてもちろん、それに見合う高品質なシートカバーを目指した。
ラインアップは全4タイプ(価格表を参照)。今回紹介しているのは、上から2番目のグレードで、PVCレザー(合皮)と本革を組み合わせたタイプとなる。本革部分にはパンチング加工を施し、立体的なキルティング仕様に仕立てたのが特徴。これはカバナのお家芸ともいえる意匠で、ほのかにユーロの香りも漂うお洒落かつ上品な仕上がり。カラーはホワイト×アイボリーだが、他のパターンも設定される。
フィッティングにもこだわり、見た目は張り替えと遜色ないレベルのピタピタ感を実現。ゆえに一般的なシートカバーに比べると装着もやや難しいのだが、その辺はジムニーワールドに取り付けを依頼すれば問題なしだ。

洗練されたデザインと優れた機能性

 

本革キルティング部分には特に力を入れ、立体的に作り込み。パンチング仕様なので通気性が良く、夏は快適に、冬はシートヒーターもしっかり生かせる。各部のステッチはダブル、ヘッドレストにはジムニーワールドのロゴ入り。使い勝手を考えてバックポケットも装備する。

●価格:
オール本革 12万円〜(税別/予価)
本革キルティング/PVCレザー 8万5000円(税別)
PVCレザーキルティング 6万8000円(税別)
PVCレザー 5万円前後(税別/予価)
●デザイン:全4タイプ予定
●カラー:全15パターン予定
●対応車種:JB64/74(共通)

今年のオートサロンに登場したカバナのワンオフ仕様にも注目


アメリカのライフセーバーが乗るクルマがモチーフです。

アメリカ西海岸などをパトロールするライフセイバーのクルマをモチーフにしたカバナのデモカー。“山”のイメージが強いジムニーだが、あえて“海”を持って来たところが面白い。運転席はブリッドのセミバケに交換され、それ専用のシートカバーをワンオフして装着。特に販売予定はないが、カバナの技術力の高さを伺える1台となっている。

ジムニーワールド各店で受付中です!

販売は全国9店舗で展開するジムニーワールドにて。宇都宮店をはじめ、すでに各店舗で予約を受付中。タイプやカラーについてはお問い合わせを。
ジムニーワールド宇都宮
●栃木県宇都宮市平出町3541-1
●☎︎028-663-6688
●営業時間:10時〜19時
●定休日:水曜

ハイパーレブ vol.235 スズキ・ジムニー No.5  2019年5月31日発売号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「純正OP並みのクオリティのシートカバー|JB64型ジムニー JB74型ジムニーシエラ カスタム