1980年代から1990年代あたりのいわゆる「ネオ・クラシック」のクルマたちに関心がある方は少なくありません。筆者の場合は子どもの頃からクルマにずっと憧れを持っていたため、小学生の頃からカタログを収集していました。
今改めて当時のカタログを見返してみると、忘れていたことが思い出されたり、新鮮な発見があったりして、なかなか興味深いものがあります。今回はメルセデス・ベンツ日本(以下MBJ)が製作したカタログを通じて、ネオ・クラシックのメルセデス・ベンツについて振り返ってみます。

「最善か無か」を標榜していた時代のメルセデス・ベンツ

バブル時代に一斉を風靡したメルセデス・ベンツ

日本経済にバブルが到来した’80年代後半から’90年代にかけて、輸入車の高級ブランドとして象徴的な存在だったのがメルセデス・ベンツとBMW。当時はメルセデス・ベンツ 190Eが「子ベンツ」、BMW 3シリーズは「六本木のカローラ」と呼ばれていましたが、輸入車でそんな愛称が付けられたモデルは、フォルクスワーゲン「ビートル」を除けばほぼ皆無でした。逆にいえば、当時から高級車ブランドとしての知名度は絶大で、カタログにおいても高級感をシンプルに打ち出したデザインが特徴的でした。

「最善か無か」を標榜していた時代のメルセデス・ベンツ

写真は、1991年2月に製作されたメルセデス・ベンツ SL(R129)のカタログです。R129型のSLは、前モデルのR107型から18年ぶりのフルモデルチェンジとなり、新たに電動油圧式ソフトトップやオートマチックロールバーを装備。新世代のスポーツカーにふさわしい技術とデザインで、誰もが憧れる存在となりました。
カタログの表紙は、無駄な要素を削ぎ落としたシンプルな構成。特徴的なノーズ部分を切り取ったクオリティの高い写真で、ブランド価値を訴求しています。

「最善か無か」を標榜していた時代のメルセデス・ベンツ

1991年当時のラインアップは、5.0L V8エンジンを搭載する500SLのみ。ただ、この時代から右ハンドル車が設定されていて、カタログでもメインカットは右ハンドル車。ということは、それらの写真は日本で撮影されたということ。景気の良かった時代ならではの贅沢な構成が特徴的です。

モデル124の傑作と珍作

1984年から1995年にかけてラインアップされたメルセデスのW124は、当初は「ミディアムクラス」、後年は「Eクラス」の名で親しまれた同社の傑作モデル。現在でも愛好家が多く、大切に乗られている個体が少なくありません。

「最善か無か」を標榜していた時代のメルセデス・ベンツ

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事