ご存知のように、本日から消費税が10%になりました。と同時に、総務省がこちらのページで「自動車の税金が大きく変わります(原文ママ)」といい切っています。

総務省:2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/131410.html

●主な変更内容
・2019年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用の乗用車(登録車)の自動車税を引き下げ
・自動車取得税が廃止される代わりに環境性能割が導入される
・2019年10月1日から2020年9月30日までのあいだに自家用の乗用車(登録車・軽自動車)を購入する場合、環境性能割の税率1%分が軽減される
・自動車取得税のエコカー減税の見直し
・グリーン化特例(軽課)の見直し

*総務省:車体課税の概要(PDF)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000610559.pdf

電気自動車やハイブリッドカーなどを購入しない限り、この施策の恩恵はありません。

これまでカレントライフでは、輸入車はもちろんのこと、クラシックカー/旧車についてもさまざまな情報発信をしてまいりました。そこで、ヨーロッパの自動車税はどうなのか?独自に調査した内容をまとめてみました。

ドイツのクラシックカーを含む自動車税に関する制度

ヨーロッパ諸国のクラシックカーを含む自動車税に関する制度

自動車税*(課税基準:使用燃料、CO2排出量、エンジン排気量)
*車両保有時にかかる税金。取得時の付加価値税・車両登録税等は含んでいません。
■基本負担:ディーゼル(9.5ユーロ/排気量100cc)、ガソリン(2ユーロ/排気量100cc)

■CO2排出量に応じた負担:2009年7月1日よりCO2排出量で測定される新税制に変更
・基本税はエンジン排気量、そこにCO2排出量を追加課税する
・CO2排出値/エンジン排気量による税率から、「ユーロ基準」により設定
・初年度登録2009年6月以降 or それ以前かによってCO2課税率は変動する

ヨーロッパ諸国のクラシックカーを含む自動車税に関する制度

●ユーロ1~2基準の場合は使用燃料とエンジン排気量のみの基準

●ユーロ3以降の場合は上記条件+CO2排気量も課税される

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事