今年はGWは前代未聞の10連休。そんな長い休みも終わり、仕事も学校もいつものペースを取り戻した頃合いかと思います。普段、クルマにあまり乗らない方でも、高速道路やそれに付随する、サービスエリア、パーキングエリア、ハイウェイオアシスを利用された方も多いことでしょう。世の中のクルマ趣味の中には、自動車ではなく自動車が走る「道路」を趣味の対象にする人もいると言います。今回はその中でも「高速道路」を愛好し、ときに研究対象とする方たちの集まり「日本サぱ協会」と同協会が運営する高速道路愛好家(?)のためのコミュニティースペース「サぱサロン」に伺ってきました。

サぱ協会を立ち上げたのは、ハイウェイタレント・山形みらいさん

▲右から本部事務局長&山形みらいさんのプロデューサーの青葉 美咲さんと会長&ハイウェイタレントの山形みらいさん

ーカレントライフ鈴木
まずどんなきっかけでサぱ協会を立ち上げたのですか?

ー山形みらい
私がもともと高速道路が好きで、個人的に活動していたんですけどそこでいろいろなネットワークができまして、サービスエリア好きの人たちとコミュニケーションをとっていたんです。そうしていたら、青葉さんに「僕が事務局長をやるから協会長やってよ」と言われて立ち上げたのがサぱ協会です。

ーカレントライフ鈴木
一体SAとかPAとかの好きな人たちって何に魅力を感じられているんでしょうか?

ー山形みらい
みなさん人それぞれですが、外観が好きな人、中の構造が好きな人、SAやPAで売っているお土産が好きな人、サービスエリアから眺める景色が好きな人、あと非常電話「非電」を見るのが好きな方がいたり、様々ですね。

ーカレントライフ鈴木
いきなり、ディープな(笑)。集まってミーティングなどは開催しているのですか?

ー山形みらい
しますね。今まではここでやってたんですけど、最近はインターネットでも行っています。

ー青葉事務局長
インターネットのテレビ電話でやっています。組織に階層がありまして本部事務局、監査役、書記などの役員の下に全国の支部長、一般会員という構成になってます。

ー山形みらい
支部長を交えてみなさんと会議をします。会議では「このSAのここがよかったよね」とか、良いところをなるべく引き出してもらう。そこで日本サぱ協会の聖地の認定をしています。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事