こんにちは。カレントライフ編集部です。

皆さまとクルマの別れ方。愛するクルマとの別れを振り返ったとき、どのような思い出がありましたか。買取や査定員も同様。伺うその時々にエピソードがあります。感動的なエピソードや、あっと驚くエピソード。クルマの数だけ物語はあります。

今回はクルマの買取時に起こった、ちょっと変わったエピソードについて、外車王に寄せられたお客様の声からご紹介させていただきたいと思います。

ポルシェ944

※画像はイメージです

-ご相談背景-
ポルシェ944など2台のお車のお問い合わせを頂きましたが、お車があるのはなんと林の中…。果たしてどんなご依頼なのでしょうか。

-買取査定当日の状況-
果たしてなぜ林の中に車があるのか?様々な疑問を持ちつつ万全の体制でお客様の自宅に伺うと確かに林の中に車が…もう何年も経っているようで木々が車を囲っていました。聞けばこの方車が自然と同化していくのを見て楽しまれていたというちょっと変わった趣味をお持ちの方でした!さて、どうやって運びだせば良いのでしょうか。車を運び出すには木を切るしかありません!お客様のためにできる限りのことは協力させて頂きます!木を伐採しジャッキをかまし、車で車を引っ張り、ゆっくりですが確実に車を引いていき、どうにか連携プレーでお車を買い取らせて頂くことができました。このようにたまに外車王スタッフ自身も驚くような買取事例があるのです。

フィアット 500L


-ご相談背景-
住宅購入に伴うお手放しということでお問い合わせいただきました。フィアット500は今でも現行型が販売される人気車種です。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事