ときどき、思うことがある。

「日本における輸入車の価格設定は高すぎるんじゃないか」と。

おそらくこれについては、過去に輸入品が「舶来品」と呼ばれ、一部の富裕層のみが買うものだと考えられていた時代の「名残」なんじゃないかと考えている。

だが、現代では輸入車はけして一部の人だけが購入するものではない。
普通に国産車と比較して輸入車を購入する場合だってあるだろう。

日本の輸入車の価格は高すぎる?今や輸入車は一部の富裕層のためのものではない

なぜ輸入車は高くなるのか

輸入車が高くなる理由というのはいくつかある。
ひとつは「輸送費」だ。

しかし、一般に北米市場におけるドイツ車の値付けは安価である。
中には北米で生産しているドイツメーカーのクルマもあるが、たとえばポルシェはドイツで製造し、北米へと輸送している。

そして日本市場で販売されるポルシェもまた、欧州で製造されて日本へと輸送されたものだ。
つまり、日本と北米において、条件としてはさほど変わるものではないが、日本におけるポルシェの販売価格と、北米におけるそれは大きく異なる(もちろん北米市場での価格のほうがぐっと安い)。

そしてもうひとつは「装着されるオプション」だ。
日本では、上で述べたように、「輸入車=高級品」という考え方がある。
だから、輸入車には高級な装備が装着されていなくてはならない。

よって本国ではオプション扱いとなるような装備であっても、日本では標準装備に組み込まれ、そのぶん販売価格が高くなって「内外差」が生じるようだ。
ただ、すべての輸入車が日本市場において「割高」な設定がなされているとは限らない。


たとえばランボルギーニは、本国や北米市場と比較しても、日本での販売価格は割高とは思えない設定だ。
逆に、ポルシェ、メルセデス・ベンツ、BMW、MINI、シボレーあたりはけっこう割高なんじゃないか、とも考えている。

日本の輸入車の価格は高すぎる?今や輸入車は一部の富裕層のためのものではない

輸入車の価格設定を見直したほうがいいと思う理由

そこでボクが「輸入車は値付けを考え直すべき理由」だが、今や輸入車は一部の富裕層のためのものではない。
一般に広く購入されるようになってきたため、「お金持ち向け」の設定をやめるべきだと考えている。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事