ゴールデンウィーク明け、みなさんはいかがお過ごしですか?筆者の住むドイツの首都ベルリンは、一時期春らしく暖かくなったものの、先週くらいからまた冬の寒さに逆戻り。コンスタントに日中20度を超える日はいつ頃やってくるのでしょうか…。

そんな寒空の下、個性的な顔立ちと優美なスタイリングが特徴のセダンと出会いました。日本での中古車市場ではほとんど見られなくなってしまった、隠れた名4ドアセダン「ローバー・75」を今回はご紹介します。

BMWの技術が活かされたFFセダン

イギリスの自動車業界は、特に1990年代以降買収が進み、独自経営を守るメーカー・ブランドはほとんど見られなくなってしまいました。1904年に初の4輪自動車を発売した歴史ある自動車メーカー・ローバーも、相次ぐ買収ののち消滅してしまった会社のひとつです。2019年現在、ローバーの商標権、つまりロゴとブランド名は、ジャガーランドローバーを保有するインドのタタ・モーターズが所有していますが、ローバーの名前を持つクルマは生産されていません。

ローバー・75がデビューしたのは1998年のイギリス・モーターショーで、1999年に入ってから販売が開始されました。ホンダと提携関係にあった中で開発されたクルマ、ローバー・600、ローバー・800の後継車として登場し、ローバーの新たなフラッグシップモデルとして君臨しました。

シャシーは全くの新設計で、フロントエンジン・フロントエンジン・レイアウト。FFでありながら、当時の親会社であるBMWの技術が活かされ、足回りや駆動系、エンジンなどに影響が見られます。

魅力的なインテリア

クルマのデザインを担当したのは、ローバー・デザインセンターのリチャード・ウーリー。彼は前身モデルのローバー・600のデザインも担当していて、イギリスらしいクラシカルなデザインを得意としていますが、ローバー・75でもその才能を遺憾なく発揮しています。優美で滑らかなボディラインと、個性的かつクラシック、そして新しさをも内包したフロントマスク。イギリス車伝統のクロームパーツを決して下品ではなく、上品に、そして控えめに配して、クルマ全体の気品を引き立てています。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事