ポルシェAGは、ニューカイエンEハイブリッドの導入によりハイブリッド戦略を推進する。カイエンの新しいプラグインハイブリッドモデルは、クラス最高のドライビングダイナミクスと最大限の効率性を併せ持つ。パワフルな3リッターV6エンジン(250kW/340PS)とほぼ無音のエレクトリックシステム(100W/136PS)が340kW/462PSのシステム最高出力を発生し、アイドリングをわずかに超える回転数で700N・mの最大トルクが得られる。

ポルシェ、カイエンにプラグインハイブリッドモデルを追加

またブーストストラテジーは、パナメーラのハイブリッドモデルと同様にスーパースポーツカー、918スパイダーに匹敵する。プラグインハイブリッドドライブによって、ニューカイエンEハイブリッドの0-100km加速タイムは5.0秒をマークし、最高速度は253km/hに達する。ゼロエミッションの電気モーターのみによる航続距離は最長44kmで、135km/hまで加速する。使用タイヤに応じて、平均燃料消費量(NEDC)は3.4–3.2リッター/100km、平均電力消費量は20.9–20.6kWh/100km。

ポルシェ、カイエンにプラグインハイブリッドモデルを追加

ポルシェは、カイエンEハイブリッドの発売と同時に、革新的な装備を追加してカイエン シリーズ全体のコンフォート&アシスタンスシステムの範囲を拡張する。日本仕様ではレーンチェンジアシストとアダプティブクルーズコントロール、パークアシスト、サラウンドビューカメラが標準装備され、新しいヘッドアップディスプレイ、マッサージシート、リモートコントロール付独立ヒーター、および22インチ軽合金製ホイールなどがオプションとなる。

918スパイダーのブーストコンセプトによる462PSのシステム最高出力

ポルシェ、カイエンにプラグインハイブリッドモデルを追加

2010年、ポルシェはカイエンSハイブリッドのデビューでラグジュアリーSUVセグメントにおける電動化を先駆者となった。さらに2014年のカイエンS E-ハイブリッドでは、同セグメントでプラグインハイブリッドテクノロジー導入のパイオニアとなった。E-モビリティへの次の段階がニューカイエンEハイブリッドだ。先代を5kW(7PS)上回る250kW(340PS)のエンジンと、先代を43%上回る100kW(136PS)のエレクトリックシステムを結合して、先代を34kW(46PS)上回る340kW(462PS)のシステム最高出力を発生する。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事