去る11月18日(日)に、中山サーキットで行われた「360meet(サブロクミート)」へお邪魔しました。こちらのイベントは2015年から開催されていて、今回で4回目。まずはイベントを始めたきっかけを主催のCOKE CLUB代表・手嶋さんに伺いました。

「今から20年以上前には360ccクラスだけのレースも行われていましたが、時代が変わるにつれて660ccクラスとの混走レースしかなくなってしまいました。同じクラスで競いあう楽しさが失われてしまっていたんです。そこで、360ccクラスだけのレースもある、このイベントを立ち上げることになりました」

イベントの見どころは、小さなクルマたちが全開走行するレースや、貴重なクルマたちが集結するオフミーティング、フィナーレは参加者全員でのパレードランもあります。観て参加できる、旧車ファンにはたまらないイベントです。迫力あるレースの様子やオフミに参加した名車たちをご覧ください。

時代を超えて疾走する、小さなクルマたち

レースは、3部門に分かれています。ATやCVTを含む軽自動車が参戦できる「2ペダルスプリント」、360ccクラスによる「60分サブロク耐久」、660ccクラスと混走する「90分ロングラン耐久」で構成されています。50年前の可愛らしいクルマたちが、快音とともに全開走行する様子は迫力満点。時代を超えて走る勇姿に、胸が熱くなります。部門によっては、排気量の異なるマシンも混走します。なかには二輪のエンジン(450cc)に載せ換えているマシンもあります。乾いたサウンドがするはずなので、聴き分けてみるのも楽しいです。(2019年より、純粋に360ccクラスのみの開催となるそうです)

会場の中山サーキットは「峠道」に似た、アップダウンのあるレイアウト。スピードをキープしながら上り坂に備える、各マシンの戦略に注目です。アウトインアウトを駆使し、スピードをキープするマシンがいれば、ほぼアクセルコントロールのみでコースラインを曲がっていくマシンも。

▲中山サーキットのホームストレートは上り坂に

予選では、マシンのデータ収集が行なわれます。各チームがマシンの挙動を把握し、決勝の間に、どのような「学習」をしようとしているかに注目して観戦すると、よりレースの奥深さを楽しめます。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事